パンの「アレ」を大活用!思わず真似したくなるほどキュートなミニチュア猫

掲載日時 : 2016/03/11(金) 21:30

このエントリーをはてなブックマークに追加

誰でも1度は見かけたことがある、パンの袋についたプラスチック製の袋止め。
そんななにげないアイテムを簡単に可愛く変身させたツイートが話題になっています!

image

ミクロで立体的な猫は、斬新で可愛らしいですね!
ちなみによく見かけるこのパンキャップは「バッグ・クロージャー」という正式名称があるようです!

このにゃんとも可愛らしいリメイク法を楽しんでおられたのは、台湾人モデラーのS.J. WANGさん。
S.J. WANGさんは、ワンフェスや静岡ホビーショーなどに作品を出展されているモノづくりが大好きなクリエイターさんでもあります。
普段はフィギュアの造形、スケール模型製作、模型のスクラッチビルドを得意としており、ジャンク部品の応用や様々な工具材料を試したりして創作を楽しんでいるそう。
そして、今回の作品はそのような活動をしている中で出会った、知り合いの方の『猫屋』の隠し扉というブログがきっかけだったそう。
そのブログ内で紹介されていた「バッグクロージャーで猫を作る方法」の記事から得たすばらしいアイディアをもとに作成されたとのことでした。

そんなS.J. WANGさんは他にも素敵な作品を多数、生み出しておられます。
例えば一番の自信作は、緻密に作られた「中華民国軍CM-32”雲豹”」というこちらの作品。※左が製作中、右が完成品

image

まるでいまにも動き出しそうなほどのリアリティがありますね!
そして、人気ゲームとしても有名な「Fate」キャラ(左)や東方プロジェクトの「あたいチルノ」キャラ(右)のフィギュア製作されたことも。

image

生き生きとした表情に思わず心を掴まれてしまいますね!

さらに、美大生の時には猫をモチーフにしたこんなキュートな調味料入れ作ったこともあったそうです。

image

インテリア感覚でも飾って置けるキュートさは、家事を確実に楽しくしてくれますね!
そんなS.J. WANGさんは、これからも猫に関する作品を作りたいと語っておられました。

製作者さんは愛猫家!

こんな素晴らしい作品を生み出すS.J. WANGさん自身も、もちろん猫好きのひとり。
その猫愛は深く、時には実家で飼っている猫の「ミュミュちゃん」を自身のブログ上で「ミュミュショー」として紹介していることもあるようです。
こちらがS.J. WANGさんに溺愛されているミュミュちゃん。

img_0

お鼻の特徴的な柄がなんとも愛くるしい猫ちゃんですね!

ミュミュちゃんはもともとは野良猫で、雨の日にダンボールの中に捨てられていたところをS.J. WANGさんが保護しておうちに迎え入れたそうです。
すっかり家族の一員になったミュミュちゃんは、時にはこうしてリラックスポーズを見せてくれることもあるよう。

img_1

まるでS.J. WANGさん宅の居心地のよさを表しているような一枚ですよね!
ちなみにS.J. WANGさんのお母さんはそんなミュミュちゃんのことを「お嬢さま」と呼んで可愛がっているそうです(笑)
一家全員でミュミュちゃんを愛でている微笑ましい光景が目に浮かぶような気がしますね。

オリジナル猫を創ろう!

様々な表情の猫を創れるのも、バッグ・クロージャーリメイクのよいところです。
実際に、S.J. WANGさんの投稿を見たフォロワーの方々も思い思いの猫を作っておられました。
今回は、個性豊かなミニキャットをたちを一挙にご紹介しますので、ぜひ楽しみながらご覧ください!

カラ―付きにゃんこは、模様を付ければより華やか印象に!

Cc_LdoJVAAAMVo-
製作者:takako さん

白いバッグ・クロージャーを使えば、可愛らしい白猫さんが誕生!!

image
製作者:森あざらし さん

大量生産すれば、机の上があっという間ににぎやかに!

DvJZNZgF
CdBvPyFVAAADC2H

猫だけではなく、キュートなワンちゃんの製作も可能!!

Cc8E8D1UcAIVZv0


捨てるはずだった物もちょっとした工夫を凝らすことで、日々を楽しくしてくれるアイテムに大変身してくれるのですね。
これを機に、ぜひみなさんもバッグ・クロージャーを使って自分なりの愛らしい動物を製作してみてはいかがでしょうか。