花言葉は「また会う日を楽しみに」!亡くなった猫を埋めた場所から咲いた彼岸花

掲載日時 : 2016/09/21(水) 12:30

このエントリーをはてなブックマークに追加

ペットを飼っていると避けられないのが、いつか必ず来る別れの日。
辛い別れを経験した方の中には「もう一度あの子に会いたい」と思う人も多いのではないでしょうか。
そんな飼い主さんの想いを汲み取ってくれたかのような、感動的な奇跡がネット上で話題になっています!

数ヶ月前に死んでしまった猫を埋めた場所から、なぜかそこからだけ彼岸花が咲いた。花言葉が『また会う日を楽しみに』らしくて、涙が止まらない。。
csnxxigvmaasnbz

たくましく咲いた彼岸花は、まるで天国の猫ちゃんからの粋な計らいのように感じられて思わずウルっときてしまいますね!

こんな感動的な経験をしたのは、飼い主だったみこと@kmhuk_pmr_k)さん。
数ヶ月前に亡くなったのは、こちらの「なかじまさん」という猫ちゃん。

qir9zkpr

白と黒のハチワレ模様がとてもキュートな猫ちゃんだったようですね!
そんな、なかじまさんは元々は野良猫。
しかし、のんびり屋さんな性格でどこに行くにもついてきたり、教えたわけではないのになぜか「待て」や「おいで」ができたそう。
なかじまさんと初めて出会った時、みことさんは遠目で様子をうかがうだけだったよう。
しかし、数日後にはみことさん宅の庭に来るようになり、それから自然と家族の一員になったとのことでした。

tv7ztrir

こんな風に自然の中でたくましく生きてきたなかじまさんは、もしかしたら新しい家族と落ち着ける居場所をずっと求めていたのかもしれませんね!

なにげない日常が宝物のような思い出に

みことさんいわく、愛くるしいなかじまさんとの一番の思い出は「玄関先で一緒に日向ぼっこをしたり学校から帰ってきたときに走ってきて足元にすり寄って出迎えてくれたこと」だそう。
こうしたなにげない日常こそ、なかじまさんとみことさんのかけがえのない宝物だったのかもしれませんね。
みことさん宅で愛をたくさん受けたなかじまさんは、こんな穏やかな表情を見せてくれたこともあったようです。

el1phcrm

こちらを見つめるおめめには、なかじまさんからの強い愛情を感じるような気がして思わずほっこりしちゃいますね!
さらに、なかじまさんは同居仲間でもある1歳の秋田犬とも仲良しだったよう。
時にはこのように、お外の世界を一緒に楽しむこともあったみたいです!

prlco1vw

ほどよい2匹の距離感からも仲の良さが伝わってきますよね。
また、お外では精一杯の愛情を込めながらみことさんを見つめることもあったよう。

mg9myl7

まるで笑っているかのようなお顔は、見ているこちらまで幸せな気持ちにさせてくれます!

そんな、なかじまさんは数か月前に天寿を全うして、この世を去って逝ったそうです。
庭に咲いた彼岸花はもしかしたら、野良猫時代とは違い、たくさんの愛に囲まれながら亡くなることができたなかじまさんからの「ありがとう」も込められているのかもしれませんね。

ウサギと秋田犬に囲まれながらまた会える日を待つ…

そんなみことさん宅では現在猫は飼っていませんが、1歳の秋田犬の他に今年で7歳になるうさぎも飼っているそう。

cenmfwtwaaawwpx

種類は違いますが、こちらの2匹もとても仲良しのようで、時にはこうして一緒にまったり過ごすこともあるようです。

ceuqvabumamsvkq

異種同士でもこんなに仲良くなれるのは、みことさん宅の家族からたくさんの愛情をもらっているおかげかもしれません。

いつかこの2匹の間に生まれ変わったなかじまさんが帰ってきてくれるのを待ち遠しく感じてしまいます。
さらに、今後みことさんにどんな奇跡的な出会いが訪れるのかも、思わず楽しみになっちゃいますね!