ユニークな展開に爆笑!もしも愛猫とLINEでトークができたらを実現してみると…?

掲載日時 : 2017/02/21(火) 20:00

このエントリーをはてなブックマークに追加

いまや日々のコミュニケーションツールとしてかかせないのが、チャット感覚で連絡がとれるLINE。
手軽だからこそ、「もしも愛猫とLINEでトークができたなら…」という妄想を抱いたことがある猫飼いさんも多いのではないでしょうか。
そんな素敵な夢を実際に再現したユニークなツイートが、今ネット上で面白いと広まっているようです!

自撮り写メはもちろん、事細かな近況報告にも思わずクスっとしてしまいますね(笑)

可愛い自撮りや面白いトークを繰り広げてくれたのは生後6ヶ月のタオちゃん

こうしたツイートが生まれたのは、飼い主(@nekoazukariman)さんが外出先で「今何してるかな?」とタオちゃんのことが恋しくなり、LINEができたらいいのにと感じたことがきっかけだったそう。

トーク中で使われている自撮り写メは、遠くへ出かける時だけに使う見守り用のカメラに写っていたものを使用したのだとか。
もしかすると、カメラに近づいたタオちゃんはカメラ越しから本当に自分の近況をアピールしたかったのかもしれませんね!

ちなみに、飼い主さんが「もしも本当にLINEができたら聞きたいこと」はタオちゃんの体調だそう。
言葉を言えない家族を大切にしたいという飼い主さんの強い愛があったからこそ、こうしたユニークなツイートが生み出されたような気がしますね。

出会いのきっかけはかごにゃん

2人が出会ったのは、熊本県にある「かごにゃん」というシェルターも兼ね備えられた猫カフェ。
もともと犬を飼った経験があり、猫も好きだった飼い主さんは、かごにゃんで子猫のミルクボランティアが募集されていることを知り、「猫ならミルクボランティアとして家に招ける!」と考えて応募を決意されたそう。

そして、空き地の真ん中にひとりぼっちでいたところを保護された生後1週間くらいのタオちゃんと出会いました。

初めは離乳したら施設に返す予定だったそうですが、愛着が湧いたため、家族を説得してタオちゃんをおうちに迎えることに。

仮の誕生日も決めてもらえて、きっとタオちゃんもさぞかし嬉しかったことでしょうね。

そんな飼い主さんが初めて猫を飼ってみて思ったのは、犬とは違う賢さがあるということ。
トイレをすぐに覚えるなど自分の管理が自分でできることや、留守中の心配が少なく、ひとりでも楽しんでいられるところが猫のすごさだとおっしゃっていました。

また、犬とは違って高いところに登ったり、狭いところに入ったりする猫の習性を「大変だな(笑)」とも感じたり、トイレの溝にハマるタオちゃんの姿を微笑ましく激写されたこともあったよう。

初めての愛猫となったタオちゃんは無邪気さを見せながら、毎日新しい発見をプレゼントしてくれていそうですね。

ちなみに、2人の素敵な出会いのきっかけにもなったかごにゃんでは現在でも、地震の影響でお家があっても帰れない猫などを保護されているとのこと。
飼い主さんによれば、清掃ボランティアさんなども募集されているそうなので、気になった方はチェックしてみてくださいね。

ハードスケジュールもこなす甘えん坊にゃんこ

猫の魅力をたっぷりと伝えているタオちゃんは、やんちゃで遊ぶことが大好き。
その証拠に、3ヶ月の頃はこうしたハードスケジュールもこなしていたようです(笑)

ねずみのことを気にかけるタオちゃんを想像すると、なんだか楽しい気持ちになれますね。

また、猫カフェの方に写真を見せたとき「甘えん坊の顔をしている」と言われたそうですが、飼い主さん自身は他の猫を飼ったことがないということもあり、性格の比較ができないと思っておられるよう。

しかし、その言葉は結構的を得ているようで、タオちゃんはtwitter上でたくさんのにゃんにゃん姿を見せてくれています。
あるときは、こうして飼い主さんにすがりついて甘えん坊モードに。

ピンと伸ばされたおててからタオちゃんの気持ちが伝わってくるように思えます。

そして飼い主さんに撫でられると、至福の表情でゴロゴロ音を発動。

うっとりとしたおめめは完全にリラックスできているサイン。
全力で甘えるタオちゃんとの強い信頼関係は、きっと子猫時代から育まれてきたものなのでしょうね。

トレンドに敏感な一面もあり!

甘え上手なタオちゃんはトレンドにも敏感なおんにゃの子!
昨年大流行したPPAPもきちんとマスターしていました。

器用におててを曲げてPPAPをやりきるタオちゃんにピコ太郎も思わずびっくりしてしまいそう。
また、同じく大ブレイクした平野ノラ風なガッツポーズも披露!

大きく掲げたガッツポーズとクールな表情は本人顔負けな仕上がりです。
さらにスーパームーンのときは、見逃した方のために「スーパーニャームーン」になりきってくれることも!

こんな愛らしい月ならば、いつまででも見ていたくなっちゃいますね。

そしておしゃれアンテナも敏感なタオちゃんは、キタンクラブから発売されていた’ねこひつじちゃん‘も楽しんでいました。

ボリューム感のあるもこもこなひつじ帽子は、タオちゃんのかわいさをさらに引き立てるアイテムに。
女の子らしいふわふわなうさ耳だってこの通り見事に着こなしてくれます。

ねこうさぎに変身したタオちゃんはどんな夢をみていたのでしょうね。

飼い主さんによれば、こうした被り物はストレスを与えるとかわいそうなので、基本的にはあまりしないのだとか。
ねこひつじちゃんなどの被り物シリーズも、写真を撮るために数回だけつけてすぐ外したそうです。
こんな風にメンタルを気にかけることも、タオちゃんとの絆を深めていける秘訣なのかもしれませんね!

将来はグループトークも夢じゃない!?

日々、タオちゃんの成長を記録しながら猫のかわいさに魅力されている飼い主さん。
そんな飼い主さんのtwitterには、タオちゃんへの愛情がユーモアたっぷりに描かれています。

現在飼い主さんは実家暮らしのため断念していますが、家を出たら将来的には犬も飼いたいと思っているそう。
ひょっとしたら、かわいらしいワンちゃんとタオちゃんからグループトークが送られてくる日もそう遠くはないのかもしれませんね!(笑)