まるでパン職人!?ふわふわな食パンクッションの虜になった2匹の猫たち

掲載日時 : 2017/05/10(水) 17:00

このエントリーをはてなブックマークに追加

猫が足をふみふみする行動はとてもかわいらしく、見ているだけでほっこりとした気持ちになるものですよね。
今、ネット上ではそんなふみふみ行動を食パン型のクッションに向けて行う猫ちゃんが大注目となっています!

食パンクッションを必死にふみふみする猫ちゃんは、まるで生地をこねながらパンを作っているかのようですね!

ニトリで購入されたというこちらの食パンクッションに夢中なのは、今年の春で6歳になったメスのすあまちゃん
coccica(コッチカ) 」というジュエリーブランドを持っておられる、飼い主のcoccica nishimuraさんは、ジュエリーの先輩からのご縁で、すあまちゃんをおうちに迎えたそうです。

そんなすあまちゃんは穏やかであまり怒らず、食べることが大好きな優しい猫ちゃん。
温厚な性格だからか、初めて食パンクッション見たときはこのようにちょっぴり警戒することもあったようです。

しかし、そんな警戒心はすぐに解かれ、購入したその日からふみふみをし始めたとのことでした。
そんなすあまちゃんの無邪気なふみふみ行動は、coccica nishimuraさんのTwitterにたくさん納められており、まるで菓子パンのような姿を見ることもできます。

思わずお腹が空いてしまうかのような再現率の高さは素晴らしいですね。
なお、キュートなふみふみは1日に1〜2度ほど行われ、寝る前に見られることが多いそう。
こんなかわいくておいしそうな姿を見たら、目撃した側も素敵な夢が見れそうな気がします!

以前は「しろたん」に夢中!

キュートなふみふみを披露してくれるすあまちゃんですが、以前はcoccica nishimuraさんが友人からプレゼントで貰った「しろたん」というごまアザラシのぬいぐるみに夢中だったよう。

一心不乱にしろたんをふみふみするからは、すでにパン職人の素質が垣間見れます(笑)
そして、しろたんへの愛が溢れすぎると一体化を試みることもあったようです。

まるで亀の親子のように積み重なる姿と、つぶれたしろたんのゆるさにクスっとさせられてしまいますね。

そんな風にすあまちゃんを夢中にしたしろたんも、現在はちょっぴり出番を失っているよう。
coccica nishimuraさんによれば現在のところ、しろたんと食パンを並べて置いておくと、食パンクッションの方を選ぶ頻度が高いとのことでした。

食パンクッションとのコラボももちろんかわいらしいですが、いつの日かまた、しろたんとすあまちゃんの仲良しショットが見られることも期待したくなりますね!

食パンクッションは猫ほいほい効果もバツグン!

ふわふわな感触がたまらない食パンクッションに夢中なのは、すあまちゃんと同居しているごま蜜ちゃんも同じなよう。
今年の春で3歳になったメスのごま蜜ちゃんは、coccica nishimuraさんの従妹が保護したことがきっかけでおうちにやってきました。

最初の数ヶ月間はお互いに威嚇をし合うこともあったため、飼い主さんを探していたそうですが、そのうちすあまちゃんととても仲良しになったため、おうちで飼うことになったのだとか。

そんな2匹の性格は全く違い、ごま蜜ちゃんは自己主張が激しく構われたがりですが、人見知りな一面があるので来客時などにはあまり出てこないそうです。

しかし、そんな性格の違いを感じさせないほど、今でも2匹は大の仲良しさん。
話題ツイートになった食パンクッションを一緒に楽しむこともあります。

丁寧に毛づくろいをしてあげるごま蜜ちゃんは、きっと心を許した相手にはとても優しい猫ちゃんなのでしょう。
さらに、2匹が同時に食パンクッションに乗ると、おいしそうなパンが完成することも!

ちゃっかりと腕枕をしてあげているすあまちゃんの姿にもキュンとしてしまいます。

しかし、仲良しだからこそ、時には食パンクッションの上でちょっとしたバトルも発生(笑)

手加減をしながら行われる喧嘩からは、お互いを大切に思っている気持ちも見受けられますね。

また、ごま蜜ちゃんはすあまちゃんの居場所を奪うのも好きなようで、こうして食パンクッションを独り占めすることもあるそう。

かろうじておててをクッションに乗せているすあまちゃんはきっと、クッションの上で眠っている気分なのでしょうね(笑)

こうした仲の良さを見せてくれるすあまちゃんとごま蜜ちゃんは、期間限定ショップやイベントの時などにお客様を招き寄せる招き猫として活躍してくれているそう。
最近ではSNSをきっかけに、coccica nishimuraさんのジュエリーショップへ訪れる方も増えているとのことでした。
2匹の癒しショットを楽しみたい方は、ぜひcoccica nishimuraさんのツイートと共に、ジュエリーショップ「coccica(コッチカ)」の煌びやかなアイテムもチェックしてみてくださいね!