猫飼いさんから共感の嵐!「猫と遊ぶ」ことをイメージ化したコミカル漫画

掲載日時 : 2017/06/19(月) 21:00

このエントリーをはてなブックマークに追加

猫を飼っている方なら実感したことがあるのが、猫と全力で遊ぶことの難しさ。
しかし、そんな事実が猫を飼っていない方になかなか伝わらず、もどかしい思いをすることもあるのではないでしょうか。
こうした猫飼いさんの気持ちを代弁しつつ、猫と遊ぶことの大変さを表したコミカルな漫画が、今ネット上で共感を呼んでいます!

擬人化された猫の様子は、猫飼いさんなら思わず「分かる!」と頷いてしまいますね!!

そんなユニーク漫画のもとになったのは、あまおうさん宅で暮らしている猫太くん。

もともと捨て猫だった猫太くんはシャムが入った雑種で、現在7歳
あまおうさんによれば、普段の性格はおっちょこちょいなのだとか。

そんな猫太くんはこれまで小さなネズミの玩具や紐、リボンなどで遊んでおり、さらに猫じゃらしには熱い闘志を燃やしながら遊んでいます。

素早い猫太君の動きを見ていると、あまおうさん宅で行われている漫画のような光景が目に浮かぶような気がしますね(笑)

このように好奇心旺盛な猫太くんと全力で遊ぶため、あまおうさんが購入したのは「ネコビーム」というレーザーポインター。

肉球型の見た目は、猫好きさんのインテリア性もバツグンです。

あまおうさんが実際にレーザーポインターを使用してみると、猫太くんは光に興味津々。
まるで虫を見つけた時のように「ニャニャニャニャ!!」という短い鳴き声をあげ、夢中になって追いかけたそうです。

また、あまおうさん自身も、人間があまり動かずに猫を走らせられるレーザーポインターの手軽さを魅力を感じられたよう。
壁や天井へ向けられたり、猫の目を釘付けにできたりすることも面白いポイントだとおっしゃっておられました。

しかし、レーザーポインターは猫の網膜に刺激を与えてしまったり、光を見失うと猫は飼い主の手元を見てきたりするため、遊ぶときは光を猫の顔に当てないように気を付けることが大切です。
また、獲物を直接捕まえられないと猫にストレスを与えてしまうこともあります。
実際に、あまおうさん自身もいままで遊んでいたおもちゃとレーザーポインターをうまく併用しておられることだったので、ぜひこうした遊び方も参考にしてみてくださいね。

活発な猫太くんは甘えん坊男子!

活発な姿を見せてくれる猫太くんは、実はとても甘えん坊な男の子のよう。
あまおうさんのtwitterには全身を使って愛情を表現する猫太くんの姿がたくさん掲載されています。

例えば、あまおうさんがデスクに向かっているときは、キーボードを阻止

マウスを触るあまおうさんの手に頭を乗せながら、リラックスしています。

そして、ある時はキーボードを触るあまおうさんに尻尾でいたずらをすることも。

小刻みに振られる尻尾は、猫太くんなりの構ってアピールなのかもしれませんね!

さらには、あまおうさんの体の上でリラックスポーズを披露することもあります。

あまおうさんに全身をゆだねている様子からは、信頼関係の深さがうかがえますね。

また、猫太くんは移動するときもあまおうさんと一緒にいたいようで、盲導犬ならぬ盲導猫のようにぴったりと寄り添ってくれるよう。

階段を下りるたび行われるスリスリは、猫太くんの愛が炸裂している証拠ですね!

遊びだけでなく、あまおうさんに甘えるときも全力投球な猫太くん。
そんな猫太くんをモチーフにしたコミカル漫画のカラー版と続きは、こちらから楽しむことができます。
猫好きさんはぜひこれを見ながら人間も猫も楽しめる遊び方を発見してみてはいかがでしょうか。