微笑ましい関係にほっこり!大好きな犬から枕代わりにされた諦めモードの猫

掲載日時 : 2017/07/24(月) 20:00

このエントリーをはてなブックマークに追加

ワンちゃんと猫ちゃんの仲良しショットは、見ているこちらの心をほっこりさせてくれるものですよね。
しかし、今ネット上では一風変わったワンニャン動画が話題に!
猫ちゃんを枕にしてくつろぐワンちゃんの姿がユニークだと注目を集めています!

顎の下で猫ちゃんが見せる諦めの表情も、とてもコミカルですね!

微笑ましさ満天の光景を披露してくれたのは、pikayadeさんの実家で飼われているゴールデンレトリバーのライくん(生後8ヶ月)と、オス猫のリキくん(2~3歳程度)。
年齢差のある2匹は、ライくんが子犬の頃から徐々に距離を近づけていき、今ではリキくんを枕代わりにするだけでなく、まったりと寄り添うこともあります。

リキくんの胸元に頭をうずめているライくんは、弟のような感覚で甘えているようにも見えますね!

そんなライくんは、リキくん以外の元捨て猫の同居猫さんとも、友好的な関係を築いているよう。
pikayadeさんの実家ではリキくんの他に、女王様気質のメス猫メイちゃん(5歳)と、甘えん坊で抱っこが好きな白猫の温泉くん(8歳)も飼っておられるそう。
そのため、ライくんは温泉くんにも積極的なスキンシップを図っていたようです。

お鼻を使いながら器用に甘えるライくんの姿は、きっと温泉くんの目にもかわいく見えたことでしょうね。

そんなライくんの気持ちが通じたのか、温泉くんは自らライくんの枕になりたがっていたことがあったよう。

もぞもぞしながらライくんの仕草を気にする温泉くんは、とてもチャーミングですね!

そんな微笑ましい関係を築いているワンニャンたちですが、これほどまでに仲良くなったのは、つい最近のことだそう。
ライくんは以前飼っていた同じ犬種の子にそっくりだったため、今年の一月にpikayadeさんの実家に迎えられました。
しかし、猫達はいままで犬を見たことがなかったため、全員、二階に避難してしまったそう。
お鼻で挨拶をさせたときも、お互いの間には越えられない壁がありました。

現在とは全く違った温泉くんの表情からは、強い警戒心がうかがえますね。

そのため、初めのうちはライくんが二階に行かないよう、ゲートを設置していたのだそう。
しかし、一ヶ月も経たないうちにリキくんがゲートを飛び越えて降りて来るようになったのだとか。
そして、それにつられるように温泉くんやメイちゃんも一階へ降りてくるようになり、現在のような関係を築き上げてきたとのこと。

もしかしたら、このような猫ちゃんたちからの積極的な歩み寄りが、ライくんを猫好きわんこへと変えていったのかもしれませんね!

pikayadeさん宅の黒猫ちゃんはイラストと写真でチェック!

実家のワンニャン関係が微笑ましいpikayadeさんは、自身のおうちで20歳になる黒猫のピカちゃんを飼っておられます。

黒々とした毛並みを持つピカちゃんは、年齢よりも若々しく見えますね!

真ん丸おめめが特徴的なピカちゃんは普段、怖がりな性格なのだそうですが、女性限定で構ってちゃんに変身するそう。
そして、pikayadeさんへの依存心が強いというところもピカちゃんのチャームポイントです。

そんなピカちゃんも、もともとは捨て猫だったそうで、今から20年前にpikayadeさんが保護し、家族の一員になったそう。
pikayadeさんはピカちゃんとの日々を写真だけでなく、イラストでもツイートしておられます。
例えば、飼い主目線で見た猫の不思議をイラストで描かれることもあるよう。

なんの変哲もない物に強い興味を示すのは、まさに猫あるあるだといえますね!

そして、中には寝室で起こるあるあるを描いたイラストも。

つい布団を譲りたくなってしまう気持ちは、猫飼いさんなら共感できるのではないでしょうか。

また、ピカちゃんとの日常はイラストだけでなく、ちょっとした猫漫画から垣間見ることもできます。

漫画を読んでいると、ピカちゃんの可愛らしさがより身近に感じられるような気がしますね!

そんな猫愛に溢れたpikayadeさんは、ピカちゃんに長生きしてもらうため「ストレスなくのびのびと」ということを意識しておられるよう。
他の猫が苦手なピカちゃんは、pikayadeさんのおうちで過ごせることで、実家にいたときよりもストレスフリーになり、毛ヅヤもよくなったのだそうです。

20歳という長寿記録も、きっとpikayadeさんのこまめなメンタルケアがあるからなのでしょう。
pikayadeさんにはぜひこれからも、実家のワンニャンたちとともに、ピカちゃんの元気な姿をイラストや写真と通して発信し続けてほしいものですね!