突っ込みどころ満載!棚の上で見事な「うらめしやポーズ」を見せるコミカルにゃんこ

掲載日時 : 2017/08/22(火) 21:00

このエントリーをはてなブックマークに追加

猫はクールでミステリアスな性格だと思われがちですが、実際は私たち人間を全力で笑顔にしてくれることもあります。
中でも、今twitter上で話題になっているのは、高い棚の上でコミカルなポーズを見せている1匹のにゃんこ。
思わず二度見してしまいそうなインパクトのある姿が「面白い!」と、反響を呼んでいます!

真顔で披露されるおばけのような「うらめしやポーズ」に、飼い主さんもさぞ驚かされたことでしょうね!

このプチホラー感のあるキュートポーズを見せてくれたのは、現在4歳オコジョくん(SNS上での仮名)。

唐草模様の首輪が良く似合う、チャーミングな男の子です。

オコジョくんは、飼い主であるキョウさんによって生後2週間ほどで保護されたため、野良生活はほぼゼロだったとのこと。
保護後は、キョウさんがミルク飲ませて育てられたのだそうです。

そんなオコジョくんは、とても奇心旺盛な性格でもあるようで、普段から棚の上へ登っているよう。
キョウさんによれば、棚の左端の方は板を互い違いで置いているため、階段のようになっており、猫たちも登りやすくなっているのだそう。
そして、棚の上にはベッドやカゴなども置いてあるため、オコジョ君も普段からこのようにくつろいでいます。

リアル感のある生首ポーズは、キョウさんをギョっとさせそうですね(笑)

また、オコジョくんがユニークなポーズを披露していた場所は、普段から行けないようにカゴなどで塞いでいるのだそうですが、隙間を通り、変なポーズで寝転がったり、くつろいでしまったりするのだとか(笑)

こうしたオコジョくんの無邪気な写真は、インスタグラム上の「#本棚キャットタワー」というハッシュタグでみることができるそうなので、ぜひ検索してみてくださいね!

甘えん坊でユニークなオコジョくん!

コミカルな姿を見せてくれるオコジョくんには、甘えん坊な一面も。
キョウさんのことが大好きなようで、肩をトントンと叩くと床からジャンプをし、肩に乗ってきたりもします。

そして、甘えん坊なオコジョくんは食べることも大好きで、キッチンで人間用のごはんを用意していると肩に乗って見ようとしたり、食べ物に襲い掛かってくることもあるそうです(笑)
実際、ある時にはおにぎりせんべいを巡って、争いが繰り広げられたことも!

こうしたオコジョくんのユニークな光景はキョウさんのインスタグラム上で「#オコジョとの仁義にゃき戦い」というハッシュタグにまとめられています。

さらに、オコジョくんは普段から楽しい性格の猫ちゃんのよう。
例えば、ふわふわなクロワッサンのクッションもオコジョくんにかかれば、枕に大変身。

人間味あふれるクッションの使い方に、驚かさせてしまいますね。

そして、時には、笑いが込み上げてきそうなくつろぎ姿を見せてくれることもあります。

警戒心ゼロなまったりポーズは、キョウさん宅での生活が安心で快適だという証なのでしょう。
そんなオコジョくんは、キョウさんにいわく、お客さんも大好きな社交的にゃんこなのだそう。
もしかしたらキョウさんや来客の笑顔を見るために、毎日突拍子のない行動で笑いを提供しているのかもしれませんね!

6匹のオス猫と多頭飼い生活中!

キョウさん宅には、オコジョくんの他に5匹のオス猫ちゃん(名前は全てSNS上での仮名)がおり、インスタグラムでたくさんのファンの心を掴んでいます。
キョウさんいわく、6匹という大所帯での多頭生活では「あまり相性の良くない子たちもいるが、比較的みんな仲良く暮らしている」そう。
そして、1匹1匹が個性豊かな性格をしているのも、大きな見どころです。

例えば、20歳という最年長のトラネコくんはとても賢く、おうちの中ではリーダー的存在を担っています。

トラネコくんは、キョウさんがペット可のマンションに移り住んだ時に、ちょうど友達の家で生まれたため、譲りうけた猫ちゃん。
普段はあまり誰かくっついて寝たりはしないそうですが、オコジョくんとは仲良くくっついて寝る姿が多くみられるのだとか。

こうしたほっこり光景は「#ふたりでホカペ」というハッシュタグによってインスタグラム上で公開されています。

そんなトラネコくんは20歳だけあって動きもスローリーですが、インスタグラムでもファンが多く、キョウさんの言葉もきちんと理解しているそう。
動物病院へいくときは、こうして自転車のカゴの中ですっぽりと大人しくしていられるお利口にゃんこでもあります。

そして、お手やおすわり、おかわりができるほど賢いのも、トラネコくんの素敵なチャームポイントです。

そんなしっかり者のトラネコくんとは真逆なのが、黒い被毛が美しいクロネコくん。

現在5歳のクロネコくんは生後3ヶ月ほどの頃に、近所でも車の通りが多い場所に捨てられていたため、知り合いの力を借りながら、捕獲器でなんとか保護した子だったそうです。
そのため、保護時は野生化していたそうですが、現在ではオコジョくんと一緒で、キョウさんを笑わせる「お笑い係」に。
実際に、Twitter上ではユニークなクロネコくんの姿も掲載されています。

おててを一生懸命伸ばすクロネコくんは、シュールなかわいさを兼ね備えていますね(笑)

ちなみに、クロネコくんはオコジョくんの教育係だったということもあり、2匹は行うことも結構似ているのだとか。
その証拠に、クロネコくんもリラックス感満載すぎるへそ天姿を披露!

こうした光景をみていると、ラフなへそ天ポーズをオコジョくんに教えたのは、クロネコくんのような気がしてきますね(笑)

他にも、クロネコくんとオコジョくんは、階段でおもちゃを投げると持ってきてくれたり、お風呂では風呂蓋の上で寝たりと、数多くの行動がシンクロしているのだとか。
お風呂での姿は「#フロネコ」というハッシュタグから楽しむこともできます。

また、キョウさん宅ではボブテイルがチャームポイントなキジトラの「元末っ子」くんや、カメラ嫌いの茶白猫「巨匠」くん、落とし物扱いがきっかけで家族になったチンチラゴールデンの「たぬぅ」くんも多頭飼い生活を楽しみ中。

唯一保護猫ではないトラネコくんや巨匠くん、元末っ子くんはマイペース派ですが、クロネコくんとオコジョくん、たぬぅくんはクロネコくんをリーダーにしたチームを結成し、遊びなどを楽しんでいるそうです。
そして、ちょっぴり珍しい経緯で家族の一員になったたぬぅくんのエピソードは「#たぬぅのこと」というハッシュタグで知ることができるので、こちらもぜひ併せてチェックしてみてくださいね!

飼い主さんはカメラマン兼クリエイターさん

たくさんの猫との多頭飼い生活を素敵な写真で発信されているキョウさんは、フリーペーパーで活躍されているプロのカメラマンさんでもあります。
「撮る」ということを職にしておられるキョウさんに猫をうまく撮るコツをうかがってみると、「カメラの場合、明るいレンズを使こと」だそう。
しかし、キョウさん自身としては、気取った写真よりも普段の猫たちを見てほしいため、あまり画質なども気にせず、InstagramもTwitterにはiPhoneで撮った写真を乗せることが多いようです。
ただし、クロネコくんとオコジョくんを一緒に撮ると露出が偏ったりするため、多少明るさなどをiPhoneの機能で調整したりと工夫されていることもあるのだとか。

そんなキョウさんが今まで撮った中で一番思い入れ深い作品が、こちら。

この写真は「読読」という本屋さんのポータルサイトと、キョウさん宅の猫ちゃんがコラボしたときの作品。
なんでも、コラボ栞を作るため、キョウさん宅にあるお気に入りの本を積み上げ、猫ちゃんたちをその上に座らながら写真を撮ったのだそう。
こうして出来上がったものは宣伝用の栞として採用に!
6匹分6種類作ってもらえたため、関西や東京の本屋さんに置いてもらったりと、キョウさん自身もよい思い出を得ることができたとのことでした。

そして、カメラマンであるキョウさんは「961046」(クロとシロ)という屋号で、年に数回イベントなどでハンドメイド作品を販売しておられるクリエイターさんでもあります。
もともと趣味で、まったりと陶芸をやっておられたキョウさんがハンドメイド作品を作るようになったのは、数年前に京都で猫のイベントがきっかけ。
SNSで繋がっていた猫友達数十人が一斉に京都へ集まることになったため、おみやげとしてオーブン陶芸でネコオキ(猫型の箸置き)を作ったのが始まりだったとのこと。
その後、「ほしい!」と言われることが多くなったため、本格的に作成し、販売することになりました。

実際にキョウさんが作るハンドメイド作品は、猫らしさをうまく表現されているのが特徴です。
例えば、トラネコくんの20歳を記念した猫達磨ちゃんブローチは、縁起の良さと猫要素がうまくコラボしているのが魅力。

カラフルなブローチを見ていると、心もうきうきしてしまいそうです!

そして、キョウさんの代表作ともいえるネコオキ(猫型の箸置き)は1匹ずつ表情が違うため、どれを手に取ろうか悩んでしまうはず。

こんな箸置きが並べば、いつもの食卓がもっと明るくなりそうな気がしますよね!

そんな才能溢れるキョウさんへ最後に、カメラマンさんだからこそ、猫と暮らす日を写真に納めることへどんな思いを込めたり、感じたりしているのかを聞いてみました。
キョウさんが日頃から意識しているのは「とりあえず撮って残すということが簡単にできるため、iPhoneでいつでも撮れるようにする」ことと、「ブレててもかわいければ気にしない」ことだそう。
そのため、普段からカメラもレンズキャップを付けずに出しっぱなしにしているそうです。

また、猫を撮ることはキョウさんにとってライフワークのひとつになっているよう。
現在は、「#食卓警備隊」というハッシュタグで料理と猫が映っている写真を定期的に絞り込み、フォトブックなどにしておられます。

普段のなにげない光景もも、猫ちゃんたちに囲まれれば、癒しど満天に見えますね!

そして、たくさんの猫と暮らしているキョウさんだからこそ、「亡くなった子の写真を見られるまでに時間はかかりますが、やっぱり後から見るとたくさん撮っておくべきだなぁと思います。」とも語ってくださいました。

裸眼だけでなく、レンズ越しでも猫の姿をとらえているキョウさんの日常は、深い猫愛に満ちています。

オコジョくんの今後や猫ちゃんたちの多頭飼い生活を楽しみたいという方は、ぜひこれを機にキョウさんおすすめのハッシュタグも検索してみてくださいね!