魚焼きグリルへ侵入!自ら丸焼きになろうとするコミカル茶トラさん

掲載日時 : 2017/10/10(火) 19:00

このエントリーをはてなブックマークに追加

猫が抱く好奇心は、時として私たち人間をハラハラドキドキさせることもありますよね。
そんな中でも、今ネット上では、魚焼きグリルへ強い興味を持った猫ちゃんが大きな話題に!
自らの体をグリルの中へ突っ込む光景は、丸焼きになろうとしているようにも見え、多くの人々の関心を惹いています。

頭隠して尻隠さずな猫ちゃんは、チャレンジャー精神がとても旺盛のようですね!

このシュールな光景を披露してくれたのは、遊び盛り真っ只中のミーくん。

茶トラならではの美しい被毛は、暖かみも感じさせてくれますね。

飼い主の泡吉さんによれば、ミーくんは普段、あまりコミカルな行動はしないそう。
ツイート写真のようにグリルへ入ったのも今回が実は初めてで、これまでにこうした行動を見せたことはありませんでした。

しかし、ミーくんの探索は、初めてとは思えないほどスムーズに行われたようで、泡吉さんが物音に気づくと、すでにグリル内をガサゴソと探検していたそう。
驚いた泡吉さんは抱っこで取り出しましたが、肝心の本ニャンは何事もなかったような顔をしていたのだとか(笑)

犯行後には耳にススを付けた、ユニークなミーくんの姿も公開されていました。

ミーくんの目には、グリルの中がどう映ったのかも気になってしまいますね!

なお、ミーくんは人間の食べ物よりも、人が料理をしたり、書き物をしたりする作業の姿が好きなため、グリルに入ったのは、お魚を手に入れるのが目的ではなかったようです。
強い好奇心を持ったミーくんには十分、怪我に注意してもらいながら、冒険心を満たしてもらいたくなります。

また、twitter上ではミーくんと同じように、グリルに惹かれた経験がある子の姿も見かけられたので、猫を飼っている方がお家でグリルを使用する際は、猫の様子に気を配るようにも意識してみてくださいね!

賢くて甘えん坊な茶トア猫さん!

ミーくんと泡吉さんとの出会いは、里親募集サイトで保護主さんから譲り受けたことがきっかけだったそう。
お迎えをしたときは、おもちゃで遊びながら、少しずつおうちになれていったようでした。

一人遊びに興奮する光景は、微笑ましさも満天ですね。

こうして泡吉さん宅におうちにやってきたミーくんは、家族以外には人見知りをしますが、泡吉さんたちには甘えん坊一面をたくさん見せてくれ、膝の上に乗ったり、抱っこを好んだりもするよう。
実際に、泡吉さんと過ごすときのミーくんのお顔からは幸せがにじみ出ています。

腕の中でスヤスヤと眠れるのは、ミーくんが安心しきってる証拠ですね!

そして、甘えん坊なミーくんは賢さも兼ね備えており、浄水器から自力で水を補給するという凄さ技も持っているよう。

ほぼ毎日給水器に触っているというミーくんは、もしかしたら自立心の高い猫ちゃんなのかもしれません(笑)

さらに、泡吉さんによれば、ミーくんはワンちゃんが覚えるような芸も習得しているそう。
そのため、お手お座りハイタッチといった芸を披露してくるのだとか。

そんなミーくんは、グリルだけでなく、電子レンジも気になってしまうよう。
棚に置いた電子レンジの上はミーくんのお気に入りになっており、時にはまったりとくつろいでいることもあります。

だらんと垂れ下がった尻尾は、ミーくんがリラックスしきっている証です。

そして、電子レンジの上にエプロンが置かれているときは、このようにエプロンまでをも陣取ってしまいます!

見返りイケメンなミーくんは、心なしか満足気な表情をしているようにも見えます。

また、グリルや電子レンジといった電化製品だけでなく、冬用布団もミーくんのお気に入りになっているよう。

ふかふかのお布団の上でミーくんは、どんな夢をみるのでしょうね。

このようにお気に入りの居場所を見つけるのが上手いミーくんは、泡吉さん宅での生活を存分に楽しんでいるように感じますが、猫ライフを満喫してるのは泡吉さんも同じなよう。
普段から創作活動を行っておられる泡吉さんは猫をモチーフにした、こんなイラストも制作しておられます。

様々な毛色の猫が描かれた泡吉さんの作品からは、強い猫愛が伝わってきそうです。

さらに、泡吉さんはこのイラストをTシャツのデザインにもし、家族みんなで楽しまれたこともありました。

ゆるさとかわいさを持ち合わせたオリジナル猫Tシャツは、身につけるのが待ち遠しくなってしまいそうです。

そんな泡吉さんは他のイラストでLINEスタンプを作成されたことがあるため、今後は猫のLINEスタンプも生みだそうとされておられるそう。
ミーくんとの生活を通して描かれる泡吉さん作の猫スタンプは、見る人の心に笑顔を与えそうな気がします。

今後は泡吉さんの創作活動にも注目しつつ、ミーくんがどんな愛くるしい仕草を見せてくれるのか、ぜひチェックしていきたいものですね!