仮面風フェイスもキュート!二足立ち姿で陽気に踊るダンシングキャット

掲載日時 : 2017/11/25(土) 20:30

このエントリーをはてなブックマークに追加

二足立ち姿を披露してくれる猫ちゃんは見かける機会も多いものですが、twitter上では、さらにユニーク姿の猫ちゃんが大人気中!
まるで小躍りをしているかのようなポーズが「かわいくておもしろい」と、大きな反響を呼んでいます。

躍動感溢れるダンシングポーズを見ていると、思わず顔がほころんでしまいますね。

こちらのユニークなダンス写真を披露してくれたのは、仮面風フェイスが愛くるしい「すこんぶ」ちゃん。

白い模様が混じった、スコティッシュホールドらしい折れ耳も、すこんぶちゃんのチャームポイントです。

飼い主のkobcyaさんによれば、すこんぶちゃんは、おうちに迎えて一ヶ月も経たないうちから、飛んだり跳ねたりし、コミカルなポーズを見せてくれるようになったのだそう。

ツイートの光景は、おもちゃで遊んでいる姿を連写で撮影されておられます。
こうした撮影時のマストアイテムになっているのが、猫たちからの人気も高い「カシャカシャぶんぶん」。

大人になったすこんぶちゃんは、おもちゃへの熱中度が落ちてきてはいるものの、今でも、変わった動きを見せてくれるそうです。

そのため、kobcyaさんのtwitterには、思わずクスっと笑えてしまう、すこんぶちゃんの二足立ち姿もたくさん収められています。

例えば、ある時は、人には見えない「特別なナニカ」を察知。

おめめを真ん丸にするすこんぶちゃんには一体、何が見えているのでしょうか。

そして、頼れる一面を見せ、kobcyaさんを守ろうとしてくれたときもありました。

凛々しい表情から、すこんぶちゃんの意志の強さも伝わってくるような気がします(笑)

また、忘年会が近づく、このシーズンには、こっそりと一発芸の練習にも励んでいるよう。

バツグンのバランス感覚でエンブレムポーズを特訓するすこんぶちゃんは、とても努力家な女の子なのかもしれませんね(笑)

頑張り屋のすこんぶちゃんは、エンブレムだけではなく、スーパーマンのポーズもマスターしたよう。

華麗に浮きながらも、しっかりと足を閉じているところが女の子らしいですね!

なお、すこんぶちゃんのような折れ耳のスコティッシュホールドは関節が弱い子も多いため、kobcyaさんは撮影時にあまり負担をあまりかけないよう、長時間ジャンプしなくてもいい遊び方を心がけておられるそう。

人間が楽しむために撮影をするのではなく、あくまでもすこんぶちゃんが楽しく遊べることを第一に考え、撮影時間にも配慮しておられるとのことでした。

写真越しから、すこんぶちゃんのウキウキ感が伝わってくるのはきっと、普段の遊びの中にkobcyaさんの愛情がたくさんつまっている証なのでしょうね。

出会えたことで先住猫との思い出が楽しく

チャーミングなすこんぶちゃんとkobcyaさんは去年の11月に、とあるペットショップで運命的な出会いを果たしました。

子猫時代のあどけないすこんぶちゃんは、胸キュン必至なかわいさです。

半年前に飼っていた猫を亡くしてしまったkobcyaさんは辛い経験をしたため、その頃は、新しい猫をおうちに迎えようとは考えておられなかったそう。

しかし、買い物途中に立ち寄ったペットショップで、すこんぶちゃんを見た瞬間、生まれ変わりということではなく、先代猫と初めて会ったときを思い出すような不思議な感覚を覚えたのです。
その後、kobcyaさんは1週間お店に通いつめ、辛かった先代猫の事を自然に思い出せるようになり、猫と暮らす感覚が蘇ってきたのだとか。

実際に、すこんぶちゃんを迎えてからは、より先代猫の事を思い返す機会が多くなり、心の中で「楽しい思い出」として大切にできるようになったとのことでした。

ちなみに、親しみやすい「すこんぶ」という名前には、コミカルな由来エピソードがあります。

すこんぶちゃんの頭のてっぺんには白い模様があり、それを見たkobcyaさんは「トサカみたいだ」と思われ、「トサカ」を英語で調べたのだそう

すると「cockscomb」という単語が現れ、「どんな発音なのだろう?コックスコンブ?…スコンブ?(笑)」と思い、名前が決まったのだとか(笑)

こうして家族の一員になったすこんぶちゃんは、穏やかで甘えん坊な性格をいかんなく発揮中。
しかし、ご主人にはしないのに、なぜかkobcyaさんにだけ飛びかかってきて噛むこともあります。

ひょっとすると、優しい甘噛みはすこんぶちゃんなりの愛情表現なのかもしれませんね。

そして、すこんぶちゃんはkobcyaさんだけに、膝に乗って甘えたり、朝起きたらお腹の上で寝ていたりといったかわいらしい姿を見せてくれるよう。

視線の先にkobcyaさんを感じるすこんぶちゃんは、とても穏やかな顔をしています。

もしかしたら、運命的な出会いを果たしたkobcyaさんの前だからこそ、すこんぶちゃんは素のままでツンデレモードを発揮できるのかもしれませんね。

すこんぶちゃんの日常は突っ込みどころも満載!

すこんぶちゃんはダンシングポーズ以外に、日常の中でも微笑ましい光景をたくさん見せてくれます。

例えば、キャットタワーの使い方が他の猫ちゃんと違うのも、すこんぶちゃんのチャームポイント。

あえて不安定な場所でくつろぐすこんぶちゃんは、もしかしたらバランス感覚を鍛えているのかもしれませんね(笑)

子猫時代にはキャットタワーについている魚のおもちゃを初めて見て、全身でリアクションを示してくれたこともありました。

警戒心を露わにしたすこんぶちゃんでしたが、その後は魚さんと無事、仲良くなれたそうです(笑)

そして、キャットタワー以外では、驚きの空中浮遊芸を見せてもくれました。

まるでパントマイムのような光景は、すこんぶちゃんだからこそ生みだせるものなのでしょうね。

また、kobcyaさんいわく、普段鳴かないすこんぶちゃんがお尻を触ったときだけ、「ウニュ」と鳴くのも、コミカルさを感じられる瞬間なのだそうです。

しかし、すこんぶちゃんはユニークな部分だけでなく、自ら体重計に乗るなど、しっかり者な一面も兼ね備えています。

体重を気にする様子は、まるで思春期の女の子ようにですね(笑)

そんなすこんぶちゃんは、全く人見知りをせず、kobcyaさんのお友達が泊まりにきたときは、お友達と一緒の布団で寝ていたほど。
こうした人懐っこい性格もkobcyaさんは、すこんぶちゃんの魅力だと感じておられます。

さらに、下腹部にあるちょっぴりアダルトな模様も、すこんぶちゃんの大事なチャームポイントになっているよう。

ポーズや仕草だけでなく、持ち前の柄までユニークなすこんぶちゃんは、素敵なエンターテイニャーです。

もふもふ感のあるボリューミーな見た目と微笑ましい仕草で、すこんぶちゃんは今日も多くの人々を笑顔にしています。

これからも、愛情豊かなkobcyaさん宅で、伸び伸びとした「すこんぶLIFE」を過ごせるよう、すこんぶちゃんの成長を暖かく見守っていきたいですね!