心の冷えも吹き飛ぶ!母の愛と愛猫の温もりに浸れる斬新な仕送り

掲載日時 : 2018/02/13(火) 20:30

このエントリーをはてなブックマークに追加

例年より寒さが厳しい今年は、あったかアイテムがより恋しくなるもの。
そんな状況の中、実家のお母さんから届いた斬新な仕送りが今、twitter上で大きな反響を呼んでいます。

予想のななめ上をいくお母さんからの仕送りは、心の冷えも吹き飛ばしてくれそうです。

愛情の詰まったこの仕送りは受け取り主であるnakiさんにも大きなインパクトを与え、開封後はひとしきり笑った後、手紙の暖かさで心がぽかぽかになったそう。

nakiさんによると、直接的に「バロンくんの毛が欲しい」と伝えた覚えはないそうですが、以前電話をしていた際に「東京寒いなー、猫で暖を取りたいなー」とこぼしたことはあったのだとか。
その際「毛でも送ろうか?」、「いやいや(笑)」といったようなやりとりが行われたため、お母さんはブラッシング時の抜け毛や自然に抜け落ちたヒゲを集め、郵送してくれたようです。

あまりにもかわいいこの贈り物の使い道をうかがってみると、「おひげはお財布に入れると良いと情報をいただいたのでお財布に、毛のほうはバロンくんが恋しいときにそっと袋に指を突っ込みます(笑)」と語ってくださいました。

なお、nakiさんのお母さんは過去にも変わった仕送りをされており、学生時代に「試験が不安だ」と伝えたときには、クラシックのヒーリングCDが送られてきたこともあったそう。

予想外の贈り物にはきっと、我が子の心を温めたいというお母さんの深い愛情もつまっているのでしょうね。

オッドアイが美しいイケニャン「バロンくん」

遠く離れた地にいるnakiさんの心を温めてくれたバロンくんは、被毛だけでなく瞳も美しいオッドアイのペルシャさん。

被毛や瞳が活き活きとしているバロンくんは、現在7歳とは思えないほどのイケニャンです。

「バロン」という素敵な名前はジブリアニメの「耳をすませば」に登場する男爵からつけられました。
nakiさんによれば、ぐたぐだと寝転んでいる姿は男爵には見えないけれど、両手を揃えてお行儀よく座っている瞬間は「名前負けしていないな」と思うのだそうです(笑)

そんなバロンくんとの出会いは、ネット上の里親募集サイト。
オッドアイの猫は幸運を呼ぶらしい」と知ったお父さんが探されてきたことがきっかけで、家族の一員になりました。

おうちに来た当時のバロンくんはとても小さく、尻尾も短かったそう。

現在とは姿からも、持ち前の愛くるしさが伝わってきます。

さらに、バロンくんは性格もかわいらしかったようで、時にはお母さんに腕枕をされ、甘えながら眠ることもありました。

すっかりリラックスしきっているバロンくんは、幸せな子猫時代をたっぷりと過ごしてきたようです。

そして、甘えん坊だったバロンくんも成長に伴い、大人っぽくなり、人が多いときは誰にも甘えず、1人で悠々とキャットタワーを満喫するという大人の余裕を披露してくれます。

ハンモックを使いこなすバロンくんは、ひとりの時間の楽しみ方も身に着けたのかもしれませんね。
現在、バロンくんがnakiさんに甘えてくれるのは、2人きりのとき限定
ツンデレなバロンくんは、nakiさんがチューしようと顔を近づけると、手で顔を押し返して抵抗することもあるのだとか。
しかし、お母さん相手にはツンデレを発揮できないようで、寝ているときにそっと近付いて、鼻を擦り寄せて甘えるのだそうです(笑)

もしかしたらバロンくんは、相手によって効果的な甘え方を変えられる知性派にゃんこなのかもしれませんね(笑)

弟のように愛おしい存在

美猫のバロンくんには見た目とは裏腹な、コミカルな一面もあるよう。
例えば、こたつの上ではみかんを活かして、ひとり遊びを決行!

鮮やかなみかんはバロンくんの目に、どう見えたのでしょうか。

そして、自力で出入りできるのにも関わらず、お母さんがいるときは「んな~」と鳴いて、こたつ布団を持ち上げてもらうのだとか。
なにげないこたつタイムもバロンくんが傍にいてくれれば、心も温まる時間になりそうですね。

また、バロンくんの後頭部からはなぜか良い香りがするため、nakiさんはよくにおいを堪能しておられるよう(笑)

人間をも虜にするバロンくんの香りは、実際に嗅いでみたくもなります。

そんなバロンくんをnakiさんは目に入れても痛くない、弟のような存在だと感じておられるよう。

バロンくんがくれる元気や癒しはnakiさんの心に深く染み渡り、今ではもう、出会う前の実家の光景を思い出せないほど存在が当たり前になっているのだそう。

現在は遠く離れている状態ですが、次にバロンくんと逢えたときには、一緒にたくさん遊びたいとも語ってくださいました。

逢えなくても、nakiさんの気持ちはきっと、バロンくんに届いているはず。

ふたりが再会できた暁にはどんなスペシャルエピソードが聴けるのか、今から楽しみになってしまいますね。