ニュース

20万人以上が胸キュン!猫の愛情表現を収めた『キス猫 – すりすり、ぎゅっ、と。』が2月18日に発売

猫の多彩な表情を写真に収め、インスタグラム上で20万人以上のフォロワーさんをキュンキュンさせているsimabossnekoさんの初写真集『キス猫、すりすり、ぎゅっ、と。』(ワニブックス)が2020年2月18日(火)に発刊されます。

もともと旅好き・猫好きだったsimabossnekoさんは旅先のとある島で出会った猫たちに魅了され、2016年より島に通うように。触れ合いを重ねていくうちに、たくましくもかわいい猫の仕草や表情を写真に収めたいと思い、2017年から撮影を始めました。



今回の写真集のテーマは「愛情表現」。日本全国にある30の島々に3~5日宿泊しながら朝や夕方など猫が美しく撮れる時間に撮影を行い、猫たちがふとした時に見せる、愛情溢れる瞬間をとらえたのだとか。

その際は迫力を出すために猫と同じ目線でのローアングル撮影を意識。猫を驚かせないよう、大きな物音を立てたり、急な動きをしたりしないようにも気を付けたそうです。

地域の方と道ですれ違ったら挨拶をする、ごみを持ち帰る、ご飯は猫のお世話をしている方へ渡すようにもしていました。ぜひ多くの方に、島でのびのびと暮らしている猫たちの愛らしい姿をみて頂きたいです。

数ある収録作品の中でsimabossnekoさんの心に一番残っているのが、表紙にもなっている親子の写真。

母猫に甘える子猫と、よしよしとあやす母猫の光景です。母猫が優しく頬を寄せた瞬間、子猫の尻尾が嬉しそうにくるんと上がりました。子猫の素直な感情が表れた、とても愛おしい瞬間でした。

そんなsimabossnekoさんは本作にこんな想いも込めているよう。

約3年かけて30の島々をめぐり、愛情いっぱいの仕草や表情を撮影しました。穏やかな島で暮らしている猫たちがふとした時に見せる、素直な愛情表現を楽しんで頂きたい。日々の生活が忙しくてなかなか笑顔になれない方や、優しい気持ちになりたい時などに見ていただけたら嬉しいです。

simabossnekoさんの猫愛が凝縮された約100点の写真には、猫という動物の魅力が惜しみなく映し出されています。

ため息が出るほど愛おしい「猫の愛情表現」

今回は特別に、インスタグラムでも人気を博した掲載写真を5点ご紹介!鼻キス、熱烈ハグ、スリスリなど、ため息が出るほど愛おしい猫たちの愛情表現の瞬間を、ぜひお楽しみください。

①仲良しサンドウィッチ


立派な長毛を身にまとったモフモフにゃんこと、ちょっぴり小柄な美猫さんの間には尻尾をピンと立てた茶白猫さんが。まるでサンドウィッチを連想させるような光景に目尻が下がります。この3匹がどんな関係なのかも気になってしまいますね!

②大自然の中で感じる「大きな愛」


こちらは猫のかわいさだけでなく、自然の素晴らしさもしみじみと感じられる1枚。日光を存分に浴びながら、岩の上でくつろぐ仲良しにゃんこ。その表情を見ていると、こちらまで幸せな気持ちになります。

③降り注ぐ日差しにうっとり


猫とおひさまは大親友。降り注ぐ日差しにうっとりする2匹は、至福のひと時を過ごしているよう。頭の上にさりげなく置かれた茶トラさんのユニークなおててにもほっこりさせられる1枚です。

④春爛漫!お花見しに出かけよう


お花見を楽しむのは、人間だけではないのかも…?桜の花道を歩くにゃんこたちをとらえたこの1枚を見ると、そんな気持ちにさせられます。2匹の表情の違いには、各々の性格が表れているようにも思えますね。

⑤憧れの人と寄り添って…


大切な人と過ごす時間は、特別なもの。島で一番のモテ男だというシャムさんの隣に並べたキジ白さんは至福の表情に!まんざらでもないシャムさんを見ると、2人の仲が深まるのも時間の問題かもしれません。



猫たちが見せてくれるとっておきの瞬間を、丁寧に収め続けるsimabossnekoさん。今後も猫たちが見せる表情や仕草に注目しつつ、日本の島だけでなく、海外も視野にフィールドを広げて撮影していきたいと語っていました。

ぜひ本作やインスタグラムなどを通して、猫が持つかわいさやたくましさ、面白さなどを感じ取ってみてください。