企画

出会いは保護猫施設!アクロバティックな忍者猫「チャコたん」

跳んだり跳ねたり、時にはかわいいプリケツを見せてくれたりするチャコくんは、「チャコたん」の愛称で親しまれている、人気猫さん。

アクロバティックな姿をたくさん披露し、飼い主であるwakaponsanさん(Instagram:wakaponsan)やフォロワーさんたちを笑顔にしています。

スポンサーリンク



保護猫施設で1匹の猫が気になって…

実はチャコくん、保護猫施設「アニマルエイド」出身。19年間、生活を共にしてきた愛猫を老衰で見送った飼い主さんは、手元に残ったたくさんの高齢猫用キャットフードや療養食を寄付するために、アニマルエイドへ。

その時、なんとなく外から室内に目をやると、出窓で外を眺めていたチャコくんと目が合いました。なんだか寂しそうに外を見ている気がする…。そう思った飼い主さんは施設内でチャコくんと対面してみることに。

間近で見たら、かわいすぎて他の子が目に入ってきませんでした。チャコは半年間、里親さんが決まらなかったみたい。人慣れも遅く、身体も弱かったため、カフェに出て人間と触れ合えるようになるまで施設の方々が大切に育ててくださっていました。

おうちに来たばかりの頃は風邪を引くことが多く、やはり身体が弱いのでは…と心配になることも。

おうちに来て間もない頃のチャコくん

けれど、猫じゃらしで遊ぶと、その印象は一変。

興奮して飛び跳ねまくっていたので、こんなに元気に遊ぶものかと驚きました。ジャンプ力も高く、今まで暮らしていた猫と比べても、運動神経はかなり良いほうだと感じました。

あまりにチャコくんが元気に遊ぶため、飼い主さんは面白い写真が撮れそうだと思い、一眼レフで撮影してみることに。すると、ある日、ジャンプ後に着地する瞬間を収めることに成功。そこには、まるで2足立ちしているかのようなチャコくんが!

愛猫の活き活きした姿に魅力を感じた飼い主さんはその後も、躍動感ある写真を多数撮影してきました。

特にコツはなく、カメラのシャッタースピードをなるべく速く(1/600~1/800)して、連写しまくると、たまたま撮れる感じです。1回遊んで1000枚近く撮ることもありますね。

コミカルなチャコくんの写真。そこには、飼い主さんの愛猫を想う気持ちが込められています。

同居猫すず香ちゃんとの熱い日々

コミカルなポーズをたくさん見せてくれるチャコくんは意外にも、臆病な性格。警戒心が強く、玄関のチャイムが鳴ると布団の中へ。家族以外には、決して心を開きません。

でも、普段は静かで穏やか。私たちに対してはとても優しく、のんびり屋さんでもあります。お腹の匂いを嗅ぐと、お日さまの匂いがします。

チャコくんは人家族だけでなく、同居猫のすず香ちゃんにも優しく接してくれているよう。

同居猫のすず香ちゃん

チャコを迎えてしばらくしてから、やはり2匹の方が寂しくないかなと思い、もう1匹受け入れることを考えはじめました。その時、アニマルエイドさんからすず香のことを聞きました。

すず香ちゃんは、夜逃げしていったマンションのベランダに置き去りにされた子。12月の寒空の下で10匹の仲間と共に1週間、飲まず食わずの状態で生き残っていたところを緊急保護されました。

保護直後のあまりにも寂しそうな写真を見て、飼い主さんは家族に迎えようと決心。

辛い思いをしてきたため、最初、すず香ちゃんは警戒心がとても強く、近くによるだけで威嚇。猫パンチが飛んでくることもありました。そのため1週間はケージの中で過ごしてもらい、様子を見ることに。

そんなすず香ちゃんに対してチャコくんは興味を示し、ケージの側から離れず、ずっと見ていました。

1週間後、すず香ちゃんをケージから出してみると、チャコくんとすぐに意気投合。相性がばっちりだった2人は一緒に寝たり、ラブシーンを見せつけたりするほどの仲良しさんになりました。

大切なすず香ちゃんのために、チャコくんはオンステージを開催することも!

時には腕枕をしてあげ、一緒に夢の世界へ。

2匹はお互いのぬくもりを感じながら、寄り添える存在と温かいおうちがある幸せを噛みしめています。

いつも仲良く過ごしてくれて嬉しい。我が家に来て本当に良かったと思えるように、これからもチャコとすず香ファーストで大事に育てていきたい。ずっとずっと一緒にいたいです。

そう語る飼い主さんは必死に頑張ってきた2匹の過去を知っているからこそ、保護猫を迎えることが当たり前な社会になってほしいと願っています。

今日も元気に飛び跳ねるチャコくんと、リラックスタイムを楽しむすず香ちゃん。その姿から私たちは命の尊さも学びます。