動画

「しまうの忘れてた」長い舌を出してワンちゃんみたいな様子の猫

飼い主さんに撫でてもらってニコニコご機嫌な様子なのは、7歳の保護猫のポークチョップくん。
面白いことに、長い舌をペロンと出しています。
飼い主さんが、舌をチョンチョンとつついてあげると「あ、しまうの忘れてた」といった様子で、舌を収納するのでした。

注意されて舌をしまっても、まだちょっと出ているのはご愛敬。
いつも舌を出しているうえに「とってこい」も上手なポークチョップくん。
家族のみんなには「猫というより犬のようだね」と言われているのだそう。
犬キャラでみんなに愛されているポークチョップくん、そのうち「お手」もできるようになるかもしれませんね。