Twitterからもにゃんこ情報を配信中♪
ネットで話題

優しさに胸キュン!怠惰な気持ちを引き締められる「しかるねこ」イラスト

「お説教」や「忠告」というワードには嫌なイメージを持ってしまう方も多いかと思います。
しかし、叱ってくれる相手が人間ではなく猫であれば、話は別。
今、ネット上ではキュートな白猫に優しく叱ってもらえる「しかるねこ」が反響を呼んでいます。

心から一生懸命叱ってくれる白猫さんからは、愛情も伝わってくるような気がしますね。

こちらのイラストを描かれたのは、「うちのペットをかわいく描ける本」(宝島社)や「なごみ猫なぞり」(永岡書店)といった本を共著しておられる、もじゃクッキーさん。
もじゃクッキーさんは本だけでなく、ブログでも精力的に作品を公開しておられ、水彩色鉛筆を使用し、写実的な猫イラストの描き方も披露されています。
イラストと共に語られる製作ポイントには、プロならではのテクニックもたくさんつまっていそうです。

そして、Youtubeでは赤・黄・青といった3色の色鉛筆のみで写実的な猫を描かれたこともあったよう。

色を重ねることで本物らしくなっていくイラストに驚かされてしまいます。

このような写実的なイラストも得意とされているもじゃクッキーさんは昨年、リアルな「猫に叱られたい人のためのスマホロック画面用イラスト」を描かれ、大きな反響を呼びました。
こうした経験から、もじゃクッキーさんは「叱ってくれる猫」をテーマに、何か広げられないかと考え、試験的に始められたのが「しかるねこ」のアカウントだったそう。
要となるキャラクターも特徴があり、怒っていてもかわいらしい顔つきになるように工夫し、デフォルメされた体型も猫らしく見えるよう意識されたのだとか。

こうして誕生した「しかるねこ」のイラスト内に描かれている言葉は、ほとんどが自分自身への戒めなのだそうですが、共感しやすい怠惰な気持ちはメディアの枠を飛び越えるほど共感を呼び、テレビでも紹介をされるまでになりました。

作品を見つめるゲストたちも「しかるねこ」のかわいさを感じ、思わず笑顔になっていたようです。

たくさんの方にユニークな癒しを届けているもじゃクッキーさんが抱く今後の目標は、まずは「しかるねこ」の面倒をしっかり見つつ、twitter以外でも活躍の場を広げていくことだそう。
斬新なアイディアを感じさせてくれる作品から、今後もますます目が離せなくなりそうです!

おすすめ作品を紹介!コミカルな「しかるねこ」イラスト5選

もじゃクッキーさんが描かれる「しかるねこ」シリーズを、いくつかご紹介していきますので、自分自身に当てはまるお叱りはどれなのかを考えながら、楽しんでみてくださいね。

1.食生活の改善を忠告!

同じものばかりを食べ続けてしまうという方の心に響くのが、こちらのイラスト。
ラーメンは気軽に食べられるため、手が伸びる機会も多くなります。
食生活の偏りを注意してくれる真剣な姿はまるで、母親のようにも見えますね(笑)

2.スマホ依存を解決!?

スマホは暇つぶしができるため、依存気味になってしまうこともあります。
そんなスマホ依存解消の手助けをしてくれるのが画面越しにはない大切なものを訴えかけてくれる、この作品。
ソーシャルゲームなどに手が伸びがちな方は、これを機に目の前の物事に向き合う時間を作ってみるのもよいかもしれませんね。

3.冬必見な湯冷め回避イラスト

今の時期は、かわいいイラストで湯冷めを回避してみるのもおすすめです。
毛布を持ってきてくれる親切心に、心まで温かくなってしまいます。
猫好きとしては、しかるねこさんを抱きしめながら暖をとりたくもなりますね!

4.ダイエットの強い味方にも!

ダイエット中の方にぜひとも見てほしいのが、こちらのお叱り。
エレベーターやエスカレーターなど、つい楽なほうを選びたくなる心を引き締めてくれます。
しかるねこさんの忠告を聞きながらなら、辛いダイエットも楽しくなりそうです。

5.フォロワーさんへのお礼イラストにほっこり

アカウント内では、フォロワーさんへのお礼付きイラストも公開中。
忠告時とはまた違ったしかるねこさんの姿は、フォロワーさんの心をキュンとさせてくれます。
毎回異なる写実的な景色も、楽しみのひとつとなりそうです。

強いメッセージ性やインパクトを持ったもじゃクッキーさんの作品は、猫好きさん以外の心もわくわくさせてくれます。
これからも、しろねこさんに思いっきり叱られながら、どんな斬新な作品が生みだされていくのか期待していきたいですね。