ネットで話題

【2019年5月版】twitterで話題になった猫ツイート9選

多くの人が大型連休に歓喜した5月は、猫の写真を愛でる「ねこがかわいいだけ展」やねこ好きのためのブランド”ねこにすと(NEKO-NIST)”が主催する写真展&物販店「ねこにすと展」といった、猫にまつわるイベントが数多く開催された月。SNS上にも、たくさんの猫写真が溢れかえりました。今回はそんな5月にTwitter上で話題になった猫バズツイートをご紹介いたします。

※掲載許可を頂けた方のみをご紹介していきます。
①破壊力バツグンな「ただいまのギュ」

人の気持ちに敏感な性格だというキジトラの空(くう)ちゃんは、飼い主であるぷんたさんのことが大好き。おうちでのいちゃいちゃタイムは2人の日課に。

仕事から帰宅すると、空を膝に乗せて抱っこします。お腹のとこに手をまわすと腕ギュッをしてくれるのが恒例です」と語るぷんたさんは日頃から空ちゃんの優しさに癒しを貰っているよう。

空はあどけない顔でとぼけたような表情をしていることも多いのですが、私の心身に不調がある時は、そばにきて寝てくれるんです。

そんな空ちゃんは基本的に人間が大好き。猫好きのお友達が遊びに来ると、これでもかというくらいにスリスリしたりずっと膝に乗ったりし、大サービス。サービス精神が旺盛すぎて、来客後2日くらいはグテっとしていることが多いため、ぷんたさんは「客人に対する接し方をもう少し控えめにしてくれたら…」と思いつつ、感謝もしているのだそう。

空ちゃんの熱烈な大歓迎は、ぜひ一度受けてみたいものですね!

②イクメンパパの背中から育児チェック!?

「ラグドール」は、ぬいぐるみのように大人しい性格の子が多いことで有名な猫種。しかし、みくりちゃんは壁で三角飛びをするほどのおてんば娘。

この写真は泣いている赤ちゃんをあやそうとしている時のものです。初めての育児で上手いあやしかたが分からず試行錯誤している中、中腰になって揺れていたら、みくりが飛び乗ってきました。

普段から人の背中に乗るのが好きなみくりちゃんはこの状態のまま、1~2分ほどmikuri_ragさんの旦那さんの背中でドヤ顔を決めていたそう。

また、みくりちゃんは旦那さんが赤ちゃんのオムツを変えている時にも背中にON!

もしかしたら、旦那さんの育児を背中からチェックしているのかもしれません(笑)

そんなみくりちゃんは普段、赤ちゃんとはつかず離れずな距離感を保っていますが、赤ちゃんをお風呂に入れていたり、泣き声が聞こえたりすると様子を見に来るのだとか。みくりちゃんなりの気遣いにmikuri_ragさん夫婦は日々、ほっこりしています。

③「ポケモンゲットだぜ!」を体験できるペットリュック

ポケモン好きな人なら一度は憧れる、モンスターボールでの“ポケモンゲットだぜ”。その有名なワンシーンを彷彿させるのが、TOMYさんが購入した「モンスターボール型のリュック」。

見た目のインパクトが強烈なためか、獣医さんや看護婦さんたちには「可愛い」と褒められ、移動中には高校生や子どもが駆け寄って来てくるのだとか。

そして、インパクト大なこのペットリュックには愛猫のモルディヴちゃんも大満足。

本商品をリビングに置いていると横にぴったりと寄り添ったり自ら中に入り遊んだりし、病院に行く時も嫌な素振りをせず、すんなり入ってくれるのだそう。

モルディヴは3kg程度なのでリュックに入れますが、5kg以上の子だとちょっと狭いかもしれません。夏場だと少し暑いかもしれないので、別のバッグのほうが良いかと思いますが、商品自体はメッシュ素材で通気口もあるので通気性はよいです。

一風変わったこちらのペットリュックはAmazon から購入できるので、気になった方は愛猫の体型を考慮しつつ、検討してみてくださいね。

④「私の彼に手を出さニャイで」

猫の世界にも嫉妬という感情が存在するのかもしれない…。NEO HIMEISMさんが旅先で撮影された写真を見ると、そう思えてなりません。

この日は風が強く、折れた枝がそこらじゅうに落ちているほどの荒天。そんな悪天候の中で外の景色をじーっと眺めている猫ちゃんを見つけ、NEO HIMEISMさんは「そこにいて大丈夫?」と話しかけることに。その後も天気ことなどを語りかけていたら、突然、黒猫さんが近寄り、茶トラさんをガード。

一連の流れはわずか1分程度の出来事でした」と振り返るNEO HIMEISMさんは、どうやら、無意識のうちに黒猫さんの嫉妬心を煽ってしまったようです(笑)

なお、この後は茶トラさんは黒猫さんの頭を毛づくろいし、仲の良さをアピールしていたそう。仲睦まじい2匹はきっと、相思相愛なカップルだったのでしょうね。



⑤声のトーンで分かる”愛猫の気持ち”

はむにゃあさん宅で暮らしているいーくんの特技は、声色を変えて気持ちを伝えること。甘えたい時だけでなく、ごはんを待っている時やプリンが欲しいのにもらえない時にもかわいい声で鳴いてアピール。大好物の「ちゅ~る」という単語を聞いた時には声のトーンを変えて嬉しさを表現します。

見事な感情表現をするいーくんは、まるで七色の声の持ち主のよう。

そんないーくんは、大の甘えん坊。毎朝必ず顔を触ってはむにゃあさんを起こし、その後はすぐにごはんのおねだりをせず、顔にずっとスリスリするのだとか。

長いときは10分以上スリスリしていますね。ご飯を食べた後は、お顔を拭くため膝に乗せると、そのまま居座ってくれるんです。

また、いーくんは食べることも大好きで、過去には自動給餌器に体当たりをしてご飯をゲットしようと奮闘していたことも。

はむにゃあさんは今日も、コミカルでおしゃべり上手ないーくんにキュンキュンさせられています。

⑥アクロバティックなジャンプをスロー撮影

猫が見せる身体能力の高さには驚かされることが多いもの。りささんが投稿した愛猫・ロイちゃんの動画には、猫の凄さが詰まっています。

ロイちゃんは日頃からベッドを踏み台にしてジャンプをするのが大好き。そこで、りささんは、ロイちゃんが普段どのぐらい高さで飛んでいるのかをスローモーション撮影しようと思い付かれました。

動画は自身が猫じゃらしを使ってジャンプさせ、お友達に撮影してもらうことに。撮影時はなかなか上手いアングルで写せなかったり、ジャンプの高さが出なかったりと悪戦苦闘したそうですが、最終的には世の猫好きさんが歓喜する壮大なジャンプ姿を収めることに成功しました。

なお、アクロバティックな胸キュンジャンプを見せてくれたロイちゃんは現在、「おすわり」「おて」「おかわり」を練習中。

こちらもぜひ、動画で見てみたくなりますね!

⑦仲睦まじい3ショットにほっこり!

イチそらあめさんが撮影した3ショットは、世の猫好きさんを笑顔に!

この写真は箱座りしていたそらくん(黒猫)とイチくん(茶白)の間に、「僕もまぜて!」というように、あめくん(茶トラ)が入ってきた瞬間をとらえたもの。

まだ生後数ヶ月のあめくんはヒョウまじりの雨が降った後の夜に、イチそらあめさんのご主人が林の横で発見した子。暗かったためその日は保護できませんでしたが、翌日イチそらあめさんはあめくんを保護することに成功。お外での生活は相当厳しかったようで、初めてしたうんちからは木の枝が出てくるほどだったそう。

まだ歯も生え揃っていない離乳期なのに、お腹がすいて木の枝を食べていたのでしょう。あの小さな体で、寒い夜をひとり過ごしたと思うと心が苦しかったです。

そんなあめくんは今では、お兄ちゃんたちのご飯を奪うほどの食いしん坊さん。

3匹は仲良しで、特にそらくんはあめくんに夢中。みんなで仲良く過ごせているのは、イチそらあめさんの優しい配慮があるからこそ。

先住猫のイチには1番最初にごはんをあげ、優先するようにしています。小さくてかわいいからといってあめを抱っこしているとイチはいじけてしまうので、イチが見ているところではあまり抱っこしません。後は、基本的には猫社会におまかせしていますが、度がすぎる時は仲裁に入りますね。

イチそらあめさんのツイートには他にも仲睦まじい光景がたくさん投稿されているので、ぜひチェックしてみてください。

⑧マッサージ機が心地よい居場所に

koginkun_nekoさん宅のあんずちゃんは独自の方法でマッサージ機を堪能!目を見開きながら、マッサージ機の上に手を置き続ける姿はとてもコミカルです。

koginkun_nekoさん宅には他にも3匹の猫ちゃんがいますが、マッサージ機に興味を示すのはあんずちゃんだけ。あんずちゃんは普段から1日に何回もマッサージ機に乗るほど強い興味を示しており、この日は10分ほどずっと手や体を乗せてマッサージを楽しんでいたのだとか。

そして、この日を境にあんずちゃんはマッサージ機を心地よい居場所と認識。ゴロリと横になって、マッサージを堪能するようにもなりました。

これからも、あんずちゃんがどんな風にマッサージを機を使いこなすのか楽しみになってしまいますね!

⑨愛猫の自意識過剰なかわいさがたまらない!


愛猫・くろあんくんとの日常を綴ったAKRさんの絵日記には、猫と暮らすことの楽しさが凝縮!実際に起こったことをそのまま描くように気を付けているため、作品に描かれているエピソードは全て実話なのだそう。

「数年後とかに見て、こんなこともあったなあ〜と振り返るために書いています(笑)」と話すAKRさんは他にも、数多くの絵日記をTwitter上に投稿中。




絵日記から感じ取れるくろあんくんの愛くるしさに、胸がキュンとさせられてしまいます。

なお、今回、猫が見せる自意識過剰なかわいさにスポットを当てたAKRさんには他にも、「たまらない!」と思うくろあんくんの自意識過剰な一面があるよう。

私が近くに寄ると、撫でられるものだと思い込んで耳をペタッと下に垂らします。「撫でやすいように…」という、彼なりの親切心のようです。そして、歩いているときに目があうとドタッと勢いよく床に倒れ、お腹を出して全身を撫でられる準備を整えてくるんです(笑)

くろあんくんがAKRさんに見せているひとつひとつの仕草には、猫という動物の奥深さも詰まっているような気がしますね。


今月は動物愛護法の改正案が発表されるなど、動物にスポットが当たることが多い月でした。5年に1度の法改正まで、あと少し。現在の法律で動物は「物」と同じ扱いとなっているからこそ、法改正を機に少しでも命が守られやすい世の中になることを願いたくなりますね。

【2019年4月版】twitterで話題になった猫ツイート12選猫好き大興奮の祭典「ニャンフェス」が東京で開かれた4月も、猫界は大賑わい。SNS上にもかわいらしい猫の姿がたくさん溢れました。今回はそん...