企画

他の家で暮らしていたとは…行方不明の愛猫が1年11日ぶりに帰宅!

愛猫がひょんなことから迷子になってしまうと、飼い主さんは絶望的な気持ちになり、自分を責めてしまうもの。月日が経つほど、最悪の結果が頭をよぎってしまいます。

nene_oideさんも、そんな経験をしたひとり。2019年11月7日に愛猫ねねちゃんと離れ離れになり、不安な日々を過ごしてきました。

しかし、今年の11月下旬、事態は急展開!nene_oideさんは1年11日ぶりに、ねねちゃんと再会することができました。

スポンサーリンク



ねねちゃんは近所の方に保護され、nene_oideさんの実家で暮らすようになった子。田舎であることから、普段は自由にお外へ行き、夕方にはおうちに帰る生活を続けていました。

ところが、ある日、何があったのか、夕方になってもねねちゃんは帰ってこず…。nene_oideさんはすぐに警察や保健所、動物愛護センターに連絡し、朝晩、近所を捜索。藪や川など、住宅街以外の場所も徹底的に探しました。

しかし、2~3日経っても発見できず、帰っても来ないことから、もう近くにはいないと確信。そこでチラシを作り、近所や少し離れた場所にあるおうちにポスティングし、情報を募ることに。

ポスティングの際は通りすがりの人や在宅中の方に必ず声をかけ、愛猫を探していることを説明。車の下や塀の上、家と家の狭い隙間などもチェックしました。

チラシは電柱にも貼り、スーパーやコンビニ、食堂にも貼り付けさせてもらえるようにお願いしました。

目撃情報をもらったら、その周辺にポスティングをし、電柱にチラシを貼ることを徹底。いなくなってしまった愛猫との再会を信じ続けました。

行方不明の愛猫は違う家で暮らしていた!

すると、ある日、有力な情報が。詳しく聞いてみると、自宅で餌やりをしているお年寄りの家によく似た猫がいるとのこと。その猫は半年ほど前から野良猫に混じり、ご飯をもらっていたようで、人慣れが早かったため、家の中で飼われるようになったのだとか。

電柱のチラシを見ていた情報提供者さんは家の中で過ごすようになったその猫を見て、「もしかして…」と思い、nene_oideさんのもとへ来てくれました。

対面したら、一瞬でねねだと分かりました。まるでパズルのピースがカチっとはまるみたいに。似ている猫さんに会っても、そんな風にはなりませんでした。本物のオーラがありました。

一方、ねねちゃんはというと対面時、指先をクンクンした後、壁などに体をスリスリ。この仕草を見て、nene_oideさんは覚えてくれている…と感じました。

その後、nene_oideさんはねねちゃんを自宅に引き取り、完全室内飼いすることに。

当のねねちゃんはお外に出られないことにまだ慣れられず、不満げではあるそうですが、お互いが再び辛い思いをしないよう、迷子防止に尽力しています。

なお、今回、行方不明になった愛猫を捜索してみて、nene_oideさんはチラシの威力を実感しました。

連絡をくれた方はチラシがいつもキレイだったから一生懸命探しているのが伝わり、気に留めていたとおっしゃってくれました。キレイな状態だと今も探しているアピールになるようなので、長い間、捜索されている方は人目につくところにチラシを必ず数か所貼り、いつもキレイな状態にしてみてもほしいです。

大切な家族を守るために、何ができるか。そして、もしも、離れ離れになってしまったら、どんな行動を取ればいいのか。そんな風に、様々なことを考えさせてくれるnene_oideさんの体験談は“自分事”として捉え、いざという時に役立てたいものです。