動画

感涙のヒストリー!地域のボスだった野良猫が家猫になるまで…

野良猫出身の大きなオス猫、その名も「デブくん」。
庭先での出会いから保護、そして家猫になって1年を過ごした日々を記録したヒストリー動画が、現在たくさんのいいねを集めています。

飼い主さん宅の庭先でエサを食べていた野良猫時代のデブくんは貫禄十分、地域のボス猫でした。
しかし、しばらく姿を見せなかった数週間後、ひどいケガをして庭先に戻ってきたのです。
たくさんの咬み傷と前足をかばって3本足で歩く姿に、飼い主さんは緊急保護を決意。
家猫になったデブくんが、様々な葛藤を見せながら、徐々に家庭に慣れていく様子が捉えられています。

<iframe src="

現在のデブくんは、貫禄はそのままにとても柔和な顔つきになり、家にいるほかの猫たちのお父さん的役割も。
先住犬とも仲良くなり、安心してお昼寝する姿にじーんときます。
これからも素敵な「家猫記念日」を重ねていってほしいですね。