動画

小脳障害の黒猫ちゃん、歩行器を使い自分の足で歩く喜びをかみしめる

アメリカ・マサチューセッツ州ボストンに住むエリザベスさんの愛猫、ブルティスちゃん。
ブルティスちゃんは6歳。小脳の形成不全により、歩行器を使って生活しています。
週に数回はお風呂で水治療法。ライフジャケットをつけて楽し気にトレーニングに励む姿も捉えられています。

<iframe src="

夜には危なくないように、歩行器に電気がつくところにも、飼い主さんの深い愛情が見えますね。
ゆっくりながらでも、自分の行きたいところへ自分の足で歩ける喜び。
不自由な前足を交互に出して、一生懸命前に進むブルティスちゃんの姿に、勇気づけられる人も多いのではないでしょうか。
自分らしい猫生を生きているブルティスちゃん、元気で長生きしてほしいですね。