企画記事

あの団体もYouTubeデビュー!人気芸能人たちの「動物愛護チャンネル」

近ごろは芸能人のYouTubeデビューが増えてきていますが、中には動物愛護の意識が高まっていることを受け、「動物愛護チャンネル」を開設する方も!今回は、今チェックしたい芸能人の動物愛護チャンネルを2つご紹介いたします。

青木さやかさんの「犬と猫とわたし達の人生の楽しみ方」

「どこみてんのよ!」という、インパクトのあるフレーズで一世を風靡したお笑い芸人の青木さやかさんは、実は大の動物好き。

現在は保護猫と暮らしており、動物保護団体であるNPO法人「TWFの会」に所属。2019年9月に「犬と猫とわたし達の人生の楽しみ方」という自身の団体を立ち上げたことを機に、2020年5月に同じ名前のYouTubeチャンネルを開設しました。

<iframe src="

動画で青木さんは、大きな猫の被り物をして登場。持ち前のハイテンションはそのままに、ペットのお世話を親に任せていた子ども時代の話や動物愛護活動をする中で感じた想いなどを真面目に語っています。

そんな青木さんの心には、こんなモットーがあるよう。

サンシャイン池崎さんや大久保佳代子さんなど、同じく動物を愛する人気芸能人との対談も見られる「犬と猫とわたし達の人生の楽しみ方」は楽しみながら動物たちの現状を知れる、斬新な動物愛護チャンネル。「動物愛護ってなんだか難しそう」と思っている方こそ、ぜひチェックしてみてください。



YouTube:「犬と猫とわたし達の人生の楽しみ方

杉本彩さん設立の「公益財団法人動物環境・福祉協会 Eva」もYouTubeデビュー

「公益財団法人動物環境・福祉協会 Eva」は人気タレントの杉本彩さんが設立し、代表理事を務めている動物愛護団体。これまでには、卑劣な動物虐待事件に対しての嘆願書やネット署名をSNSにて募ったり、劣悪な環境を余儀なくされている動物たちの現状を書籍などで訴えたりしてきました。

この投稿をInstagramで見る

* * 4年前に上梓して反響をいただいた『それでも命を買いますか?』に続き、 この度、「動物たちの悲鳴が聞こえる〜 続・それでも命を買いますか?」が ワニブックス(PLUS)より 1月28日に発売となります。 Amazonでは27日から! 2019年6月に改正された動物愛護法の、改正までの経緯とその内容、 変わらぬペットビジネスの闇や畜産動物、実験動物の悲惨な状況など、 見過ごすことのできない動物たちをめぐる数々の問題点、 そして私たちに何ができるかを問います。 4年前と様々な状況が変わり、良い方向に進んでいることもあれば、 新たに危惧される問題もあります。 一人でも多くの方に、この現状を知っていただき、共に考えていただけることを願っています。 発行:ワニ・プラス 発売:ワニブックス 定価 : 880 円+税 [発売日] 2020-01-28 * * 著者の印税はすべて、公益財団法人動物環境・福祉協会Evaに寄付いたします。 #動物たちの悲鳴が聞こえる #動物たちの悲鳴が聞こえる続それでも命を買いますか #ワニブックスplus新書 #公益財団法人動物環境福祉協会Eva #杉本彩

杉本彩(@sugimoto_aya0719)がシェアした投稿 –

この度、開設された「Evaチャンネル」にはもっと多くの人に動物や環境のことを知ってほしいという願いが込められており、動画内で杉本さんは難しそうに思える動物問題を分かりやすく解説しています。

<iframe src="

例えば、最近では環境省を中心に検討が進んでいる「数値規制」を丁寧に説明。

多頭飼育崩壊や悪質なペットビジネスなどをその目で見てきた杉本さんだからこそ語れる、動物の守り方は必見。愛犬や愛猫だけでなく、他の動物の命を守る方法も学んでみてください。

YouTube:「Evaチャンネル

芸能人のYouTubeには発信力があるからこそ、動物問題を取り扱うチャンネルが増えていけば今後のペット業界が大きく変わるきっかけも作れるはず。悲しい思いをしている動物を救う&増やさないためにも、これを機に動物を取り巻く現状に目を向けてみてください。