企画

保護猫の心友はウルトラマン!笑って泣けるツーショット写真が盛りだくさんな「ステネコ成長日記」

心に染み入る、ツーショット。そう思えるのが、athina_2021さんがアップし続けている、愛猫アテチちゃんとウルトラマンとの交流を収めた写真。

アテチちゃんはウルトラマンや先住犬のリクさんと絆を深めながら、家猫生活を満喫しています。

先住犬が教育的指導!公園で保護された子猫を迎えて

アテチちゃんは、公園で迷子になっていた子。小学生に発見され、保護活動をしている方のもとへ行った後、飼い主さん宅へ。

いつもお世話になっている獣医師さんの紹介で、我が家にきました。

おうちに迎えた当初、アテチちゃんは2~3日完全黙秘状態。時間が経つにつれ、少しずつ慣れてくれたものの、今度は先住犬のリクさんを怖く思ったようで、警戒。

巻き毛とつぶらな瞳がかかわいいプードルのリクさん

しかし、優しい性格のリクさんが吠えずに見守ってくれたおかげで、アテチちゃんは自ら近づき、スキンシップを図るようになりました。

リクさんはアテチちゃんの噛み癖も治してくれたよう。子猫の頃、アテチちゃんは噛み癖が酷く、家族全員、傷だらけに…。

飼い主さんはそうした行動も愛情表現のひとつとして受け止めていましたが、その光景を見たリクさんはアテチちゃんを叱り、教育的指導。これにより、アテチちゃんが人を噛む頻度は徐々に減っていき、いつしかまったく噛まないお利口にゃんこになりました。

毎朝、ベランダで過ごす時間を与えたのもストレス解消になったようなので、それも静かになってくれた要因だと思っています。

お兄ちゃん的存在のリクくんとアテチちゃんは、今でもとても仲良し。

アテチちゃんから近づいていくことが多く、ベッドで仲睦まじく眠ることもあります。

最近では一緒にこたつライフをエンジョイ。心を許し合う2匹の様子を見て、飼い主さんの目尻は自然と下がります。

スポンサーリンク



成長を記録したくて撮り始めたツーショット写真

家族からたくさんの愛情を注がれたアテチちゃんは、すっかり甘えん坊に。飼い主さんがソファーで横になっていると遠くからダッシュし、胸に上に乗ってゴロゴロ言いながら眠るのだとか。

時には抱っこをせがみ、料理をしている飼い主さんの手を止めさせることもあります。

ビビリなところがまだ残っているため、普段はおうちの2階で過ごしていますが、行動範囲は徐々に拡大。最近では毎朝、階段の途中まで降りてきて飼い主さんをお見送りしてくれるようになりました。

そうした“成長の証”を見つけるたび、飼い主さんは嬉しくなります。

実はウルトラマンとの写真を撮ろうと思ったのも、アテチの成長を記録したかったからでした。

単体の写真だと成長が分かりづらいと感じた飼い主さんはある日、テレビの前にあったウルトラマンのフィギュアとアテチちゃんを比較する形で写真を撮影。

すると、思ったよりもアテチちゃんがウルトラマンを気に入ったため、以後、ツーショットを撮影するようになったのだそう。

これまでに撮影した中で飼い主さんが一番気に入っているのは、初めて撮影したツーショット。

2人ともぎこちないところが好きです。

そんな初々しさ満点だった頃から一変し、アテチちゃんは最近ではポーズを取ってくれるように。

飼い主さんはアテチちゃんに合わせ、ウルトラマンにポーズを決めてもらい、クスっと笑えてほろりと泣ける1枚を生み出し続けています。

また、保護猫と暮らしているからこそ、この先、全国の自治体が環境保護の一環として動物の保護活動に力を入れてくれるような社会になれば…と願ってもいるよう。

どの子にもストーリーがあり、身近にいる犬や猫も家で愛情を持って育ててあげると見違えるようになります。今、外にいる動物たちが保護され、ペットは家で管理するものだという認識が高くなってくれたら…と思います。

猫様ファーストな生活を配信しながら、命の尊さを伝える「ステネコ成長日記」。今後も、どんな成長記録が追記されていくのか楽しみです。