企画

500mlのペットボトルと変わらない大きさだった子猫の「今」は…?

ペットボトルと対比させて、愛猫の成長を収めよう。ぽんたさんが考えたユニークな成長記録は以前、大きな反響を呼び、当メディアでもこちらの8番で紹介しました。

あれから2年経った今、子猫だったとろちゃんはどう成長したのか。今回はぽんたさんにとろちゃんの変化を伺いました!

スポンサーリンク



成長記録から健康報告に変わった「ツーショット写真」

隣に並べられた三ツ矢サイダーよりも少しだけ大きかったとろちゃんは、立派な成猫に。

体が大きくなっただけでなく、お顔も凛々しくなりました。

成長の経過

体の成長は落ち着いたため、サイダーとのツーショットは成長記録から、健康報告に変わったよう。ぽんたさんは期間限定サイダーととろちゃんを撮影することでフォロワーさんたちに、愛猫が元気に過ごしていることを伝えています。

最近では、ペットボトル以外とのツーショット写真もパシャリ。今年のハロウィンにはパンプキンの帽子を被り、ぬいぐるみの横でトリックオア・トリート!

ポッキー&プリッツの日は真っ赤なお菓子箱と記念撮影するなど、カメラを通して日々のイベントを共に楽しんでもいます。

数あるツーショット写真の中でも特にぽんたさんが気に入っているのは、キウイブラザーズとの1枚。

お友達ができたように思ったのか、とろちゃんも満足そうな笑みを浮かべていました。

そんなとろちゃん、子猫時代には何かを話しながらご飯を食べるのが日課でしたが、今ではもくもくと食事をするように。好きなおもちゃや居場所なども子猫期とは変化。またたび入りのおもちゃを好み、窓辺にてひとりで眠ることが増えました。

でも、甘えん坊で寂しがりやなところは変わっていません。ちょっとうるさいくらいにニャーニャーと鳴きます(笑)寝起きに誰もそばにいないと、鳴きながら探しにきたり…。あと、暴れん坊なところも変わっていません(笑)

もう少しだけ鳴き声のボリュームを落としてくれたら…。そう笑いながら、ぽんたさんは自分を求めて寄り添ってくるとろちゃんを愛おしく思っています。

これからもずっと元気でいてほしい

とろちゃんには、最近ひそかなマイブームが。それは同居仲間のジリスとの距離を深めること。

おうちではハムスターやプレーリードッグも生活中

万が一のことを考え、ジリスには手が出せないように対策がなされていますが、とろちゃんはご執心。ジリスが寝床から出てくると近寄り、そのたびに文句を言われているのだとか。果たして、2匹が心を通わせられる日は来るのでしょうか…?

そんな風に、何事にも興味津々なとろちゃんの行動はぽんたさんを驚かせたことも。

ぽんたさん以前にも猫と暮らしていましたが、先代猫ととろちゃんの違いを面白く感じました。

先代はにおいに敏感でビニールくさいおもちゃや湿布などに顔をしかめていました。でも、とろは私が湿布を貼っていても平気で近づいてくるので、とてもびっくりしました。

成長の過程で新たな発見や気づきをたくさん与えてくれる、とろちゃん。そんな愛猫に対してぽんたさんは、これからもずっと元気でいてほしいと願っています。

夏場には暑いと思うこともあるけど、ずっとくっついてくれたら嬉しい。

これから先もとろちゃんとぽんたさんは寄り添い合いながら、何気ない日常を楽しんでいくはず。そんな2人の暮らしを見守りつつ、今後はとろちゃんの内面の成長を楽しんでいきたいものです。