企画

両手を水のみボウルにIN!独特な飲水スタイルを貫く「クセ強」サイベリアン猫の睦くん

猫ちゃんといえば、水が苦手というのが定説。
でも、1歳になったばかりのサイベリアン種の猫、睦(りく)くんは、そんな定説を覆す個性をもっています。
それがこちら、睦くんの水飲みスタイル!

あれ、手の位置間違ってない?

なんと、両手をかしこくそろえて、水飲みボウルに両方とも浸しています――!
ここからどうするのかというと、手で水をすくうようにして水を口に運び、ゴクゴク飲水。

スポンサーリンク



水を飲む時は、まず両手を水に入れてポジションを整えてから、手を浸して飲むことが多いです。
おもちゃで激しく遊んだ後は必ずと言っていいほどすぐ水場に行き、肉球を冷やすかのようによく水を飲みます。

睦くんは、生後3カ月頃からずっとこうして手を水に浸して飲んでいるのだそう。
飼い主さんは、通年常温の浄水を出しており、睦くんは暑い夏だけではなく寒い冬でもお構いなしに、この飲水スタイルを貫いています。

体が大きくなると思って大きな陶器の器を購入したら、手で飲むようになりました。
器の台を用意して高さを出したり、循環型を試してみたりしましたが、すべて手を使って飲みました…。
ネットで「もはや個性」と書いてあるのを見て、水を飲まないよりは良いと思って受け入れています。

睦くんのフリーダムな飲水スタイルを受けて、飼い主さんも工夫を重ねています。
器の下には、必ず珪藻土マットを敷いて、水分を吸収。
珪藻土マットは乾かし替え用に何枚も用意してあるのだとか。

飲んだあとビショビショの手を振るって水気を払いますが、その水滴と音に自分で驚いているのが笑ってしまいます。

そんな睦くん、こうして手を浸すのが好きなら、お風呂やシャンプーは大好きなのかというと――?

お風呂は出待ちをして、中に入ってきてチェックしたりします。自身のシャンプーは一丁前に嫌がります。

なんとシャンプーは嫌いなんだそう!
もはや基準がよく分からないところがかわいいですね。

クセが強い!?睦くんの面白行動遍歴

睦くんはそのほかにも、思わずみんながプッと笑ってしまうような、「クセの強い」行動をとることが多いそう。

新しいおもちゃを見せると、体を弓なりにした威嚇状態で間合いを詰める「やんのかステップ」を披露してくれる睦くん。

音が出ているスピーカーを枕にして眠る睦くんの図。音や振動はむしろいい子守唄なのかも!?

また、「ちゅ~る」を食べるのが下手で顔中おやつだらけになってしまうことも!

見る人を思わず笑顔にしてしまう天真爛漫な睦くんなのです。

1歳になった睦くん、すくすく成長中!

飼い主さんが思う睦くんのチャームポイントは、まん丸の目、ごんぶとの腕、フサフサの耳毛。
そんな睦くんと飼い主さんは、最近新しいコミュニケーションをとれるように。

甘える時にお腹を見せる(犬みたい…)ので、嫌がるとは知りつつ試しにお腹を触ってみたら、案外気持ち良かったようで、両手をグーパーしてエアーふみふみを見せてくれるようになりました。

かわいい子猫時代を経て、3月に1歳になった睦くんは、まだまだ日々目覚ましく成長中。

最近手先が器用になってきて、半開きのドアは開けられるようになってしまいました。少しの隙間でも手を差し込んで上手く開けるので、いつの間にかドアが全開になっていて、この冬は寒い思いをいたしました。

毎朝手をお水に浸けたり、「やんのかステップ」を見せたり、お顔をおやつだらけにしたり…。
これからも、睦くんは優しい飼い主さんのもとで、自由に伸び伸びとクセの強い楽しいニャン生を送っていくことでしょう!