企画

猫になれるアクションアドベンチャーゲーム「Stray」プレイ感想と本物の猫の反応を一挙紹介

「猫になりたい」という願望は、猫好きならば誰もが一度は抱いたことがあるはず。そんな無謀な願いを実現できるアクションアドベンチャーゲーム「Stray」が2022年7月19日(火)に発売され、SNSが大盛り上がり!

本作はPS5、PS4、PC用ゲーム。主人公は、サイバーシティに迷い込んだ猫。「B-12」という小型ロボットと共に街の謎を解き明かしつつ、脱出を目指すというストーリーなのですが、猫になりきれる“猫ゲー”だと話題に。

Twitterでは、猫になれた喜びを噛みしめたり、猫あるあるな行動を楽しんだりする人が続出しています。

猫あるあるを体験!歓喜のプレイ感想4選

猫だからこそのトラップ!「紙袋が抜けない」

カサカサと音が鳴る紙袋に、つい心が惹かれてしまうのは猫あるある。ロッズさんは頭にすっぽり紙袋がはまり、猫ならではな“状態異常”を経験。
家でクスっとさせられる光景を自分の手で生み出せるのも、本作の醍醐味だと言えそうです。

麻雀の邪魔をしちゃおう!

あもみやすんさんは好奇心がうずき、麻雀を妨害。テーブルに乗った時に散らばる牌が、すごくリアルです。
こうして猫目線に立ってみると、ついイタズラをしたくなる猫心が理解できるかもしれませんね。

あの行動をしたくなる気持ちに共感!

たまごさんはアパートに忍び込み、部屋で大暴れ。高所へ華麗にジャンプして物を落とし、カーペットでの爪とぎを思う存分、楽しみました。

その中で気づいたのが、カーペットで爪とぎをする気持ちよさ。

つい、注意したくなってしまう爪とぎという行為も、自身で体験してみれば捉え方が変わるかもしれませんね。

リモートワークあるあるだって再現できる!

ぼんさんがハマったのは、キーボードのガン踏み。かわいらしい肉球で踏みまくり、猫語で心境を表現しました。

もしかしたら、本作を通して猫がキーボードを踏む謎が解明される日が来るかも…?

スポンサーリンク



本物の猫のかわいい反応3選

本作は内蔵マイクから猫の鳴き声を出すことが可能で、グラフィックもリアルであるからか、人間だけでなく、本物の猫も興味津々な様子。

リアルすぎる鳴き声に反応

らっこさん宅では、愛猫のニールちゃんがゲーム内の猫ちゃんにお返事。

お手手を伸ばし、スキンシップも試みたようです。
愛猫と猫語でおしゃべりをするという夢も、本作は叶えてくれそうですね!

ゲームが進まない理由も猫

プレイを楽しむ人の中には、愛猫が夢中になりすぎてゲームが進まない方も!
マンチカンのアーサーくんは画面に前から動かず、変化があるたび、猫パンチ。もしかしたら、アーサーくんは飼い主さんを助けようと応戦しているのかも…?

両手猫パンチで応戦

おかかちゃんは、猫を見るやいなや猫パンチ!片手だけでは満足できず、両手で愛くるしい連続パンチをお見舞い。
今は警戒心が勝っていますが、クリアが近づく頃にはゲーム内の猫を見慣れ、友達になっているかもしれませんね。

なお、制作を手掛けた「BlueTwelve Studio」は人よりも猫の数が多い少数精鋭のクリエイター集団。本作では開発者たちの“ネコ画像”も楽しめるので、ぜひそちらにも心ときめかせながら、憧れの猫ライフを思う存分、楽しんでみてはいかがでしょうか。