事件発生?! 猫から激しい襲撃を受けたひな人形が無残な姿に・・・

掲載日時 : 2017/02/26(日) 19:00

このエントリーをはてなブックマークに追加

来たる3月3日は桃の節句、ひな祭りです。

この季節になると女の子の幸せを願いひな人形を飾る家庭も多いですが、好奇心旺盛な猫がいるお宅では高価なお人形が格好の遊びのターゲットになってしまうことも・・。

先日、猫にちょっかいを出されすぎてしまったお雛様の写真がTwitterに投稿され、そのあまりに無残な姿に注目が集まっています。

猫に弄ばれたと言われなければ、爆発現場にでも居合わせたのだろうかと思うほどの変わり果てた姿です!
隣に座っているお内裏様はほぼ無傷のようなので、お雛様の綺麗な髪の毛が気になって仕方なかったのでしょうか。

こちらは先ほどの状態になる前日の写真。

髪の毛が顔の周りに絡みつき首は不自然に傾き、既にかなり危険なオーラを放っています!
お内裏様もどことなく居心地が悪そうな表情に見えてくるほどです(笑)

普段は温厚な甘えん坊さんの犯人

この残忍な事件の犯人は、宝石のような青い瞳が印象的なしらたまちゃん

飼い主さん(@TiKuBi_girl)によると、しらたまちゃんはだいたい1歳半くらいで、性格は大人しく温厚でお母さんにはとても甘えん坊な女の子。
お気に入りのおやつはいなばペットフードの「とびつく」シリーズだそうです。

また、しらたまちゃんは他にも4匹の猫ちゃんたちと暮らしています。

飼い主さんはしらたまちゃんを迎える以前に、アメショに似た2匹の猫ちゃんをお知り合いから里親として引き取って飼っていたそうです。

他の柄の猫も飼ってみたいと思っていたところ、Twitterで5匹の子猫を保護した方のツイートを見つけ、その中で唯一真っ白で目を引いたのがしらたまちゃんでした。

そして、そのツイートをした方は偶然にも飼い主さんと同じ県在住だったため運命だと感じ、しらたまちゃんをお迎えするに至ったのだそうです。

5匹も猫ちゃんがいると、みんなひな人形に触りたがったのでは?と思うかもしれませんが、去年の8月末くらいに飼い主さんが保護した元野良猫のきなこちゃん1匹が少しだけ興味を示した程度で、他の猫は特に気にしていなかったとのことです。

 

襲撃事件発生の経緯

しらたまちゃんはひな人形を出した時からお雛様にちょっかい出していたそうで、飼い主さんのお母さんに「こら!しーちゃん!ダメでしょ!あぷっ!げんこするぞ〜」などと注意されていましたが、とうとう事件が発生。

なお、当時は飼い主さんのご両親はともに不在で、飼い主さんも旅行に出発する日だったため、まずはLINEでお母さんに報告することに。

飼い主さん曰く「父も母もかなり落ち込んでいました」とのことです。

一方のしらたまちゃんはというと、全く反省するそぶりはなく、被害を大きくしないために飼い主さんがひな人形をクローゼットにしまうのを眺めた後、周りをウロウロしていたそうです。

しらたまちゃんとしては、まだまだお雛様と遊びたかったのにさぞかし残念だったことでしょう(笑)

好奇心旺盛なしらたまちゃんが、ひな人形の次は一体何で遊び始めるのか気になりますね。

ひな祭りまであと1週間を切りましたが、ひな人形を飾っているお宅では猫ちゃんにちょっかいを出されてしまわないよう、注意深く見守った方が良いかもしれません!