私が恋した3匹の猫

10年前までは猫が苦手でした。」と告白すると、よく驚かれます。

今日は夢ちゃんとの出会いのお話。

だから、10年前のことから書き始めようと思います。

モッツィのこと

当時私はカナダのとある田舎に留学していて、裏庭にはこんな景色が広がるおうちに住んでいました。
1910039_11422650050_4094_n-2

そこで飼われていたのが、モッツィです。
1929154_11436615050_5250_n

気づきました?
そう、夢ちゃんにそっくりですね。

それまではなぜか猫って怖いイメージしかなかったのですが、モッツィはすごく賢く穏やかで、私は瞬く間に猫が大好きになりました。

留学が終わる頃、私は決めました。

「いつか必ず私もクリーム色の猫を飼う!」

まだ10代だったので、単純ですね笑

ちなみにモッツィの名前の由来は、毛色がモッツァレラみたいだから。
今でもカナダの大地を元気に駆け回っているそうです。

アビちゃん(仮)のこと

時は流れ、2015年。

社会人になって数年の私は今こそ猫を飼うべきだと思い立ち、運命の猫ちゃん探しが始まりました。

暇さえあれば里親募集サイトを眺め、ブリーダーを調べてみたり、休日には会社の猫好きさんに教えてもらった東京キャットガーディアンにも足を運びました。

でも、クリーム色の猫ってあまりいないんですね。

みんな可愛いしもう何色でも良いかなと思い、キャットガーディアンで見かけた茶トラの子に心惹かれたりもしました。

最後に、最寄駅の近くにペットショップがあったのを思い出して、覗きに行ってみました。

そこにいたのがアビちゃんです。

IMG_1502

アビちゃんはその名の通りアビシニアンの女の子で、とにかく元気いっぱいでした。

何枚写真を撮ってもブレます。
IMG_1500

「こんな元気な子と暮らしたい!」

一目でその元気さに完全に心を奪われました。

店員さんとお話しして抱っこさせてもらい、この子に決めるか一晩考えることにしました。

でもどうしても、モッツィのことが頭から離れません。

諦めきれずネットで調べてみると、家から電車で1時間くらいのペットショップにクリーム色の子猫がいるらしいと知りました。

最後の最後にもう1件だけ見て、それでアビちゃんを迎えるか決めることにしました。

夢ちゃんのこと

早速次の日、電車を乗り継ぎ子猫に会いに行くと・・

いました!
スヤスヤ眠るクリーム色の猫です!
IMG_1504

顔が全く見えないので、店員さんに頼んでケージから出してもらいました。

IMG_4411

子猫の顔を見た途端、「あぁ良かった、これで決まった」と思ったのを覚えています。

その日のうちに、子猫はうちの子になりました。

思えば10年ずっと心にあった夢を叶えてくれたので、名前は夢ちゃん

それからもう1年3ヶ月。
モッツィほど穏やかではないけれど、夢ちゃんとの暮らしは毎日ニャンダフル。

またいつか、猫に恋する日を夢見ています。
IMG_4654

夢ちゃんの夢日記
猫田夢子
ちょっと珍しいクリーム色のアメショ、夢ちゃんのブログへようこそ!可愛い顔して食欲満開な夢ちゃんの毎日をお届けします。好きな食べ物は、ヨーグルト。