企画

24歳の老猫への神対応に感動…アニメーションもかわいい「Catlog」

画期的な猫グッズを生み出している企業は多いものですが、その中でも特に猫愛を感じさせるのが、猫の行動を24時間見守れる首輪型のウェアラブルデバイス「Catlog」を生み出した株式会社RABO。

それを感じさせたのが、24歳の愛猫へちまちゃんに、実際に「Catlog」を使用した如月紅庵さんのツイート。如月紅庵さんは愛猫への想いをくみ取ってくれた、株式会社RABOの細やかで温かい気遣いに感動。



対応だけでなく、四季の変化が楽しめるアニメーションや日常をしっかりと見守れるシステム仕様にも、大満足しました。

そんな猫愛溢れる株式会社RABOはこの度、トイレの下に置くだけで体重や排泄情報などを計測できる「Catlog Board」を発売しました!

スポンサーリンク



トイレを変えることなく使える「Catlog Board」

食事や睡眠、運動といった行動を24時間365日記録することが可能な首輪型ウェアラブルデバイス「Catlog」は猫飼いにとって、衝撃的なアイテム。

各行動の推移は健康を管理していく上で役立ち、スマホアプリと連携させることで、外出先でも愛猫が何をしているか知ることができます。

しかし、愛猫の健康を守っていくには体重や排泄情報を知ることも大切。猫は体調不良を隠しやすいため、体重や排泄量、トイレ回数の変化に飼い主さんがいち早く気づいてあげることが病気の予防や早期治療に繋がっていきます。

だから、Catlog Boardを開発しました。Catlogで取れる行動データに、Catlog Boardで取れる排泄情報が加われば、猫様の健康管理を総合的に行うことができると思いました。

開発時、こだわったのは「Catlog」同様、猫にかかる負担を最小限にすること。

トイレ容器や猫砂、設置場所が変わることは猫にとって大きなストレスになることも多いため、いつものトイレの下に置くだけで使用できるようにしました。

トイレの高さもなるべく変えないよう3cmと薄型設計にし、危険を避けるためコードレスにしました。

こうしたこだわりはすべて、“すべては猫様のために”の精神から。「Catlog Board」は防水仕様なので、万が一おしっこがかかってしまっても安心。音に敏感な子に配慮し、極力、動作音が鳴らないようにも設計されています。

今は7匹に1匹が泌尿器系の病気で治療をしていると言われていますし、体重の増加や減少は病気と密接しています。だから、「Catlog Board」では日常的に記録していく中で、病気の兆候の可能性がある時にはアラートを出し、異変を早期発見できるようにしています。

また、トイレをするだけで体重が計測できるので、子猫の成長や太り気味な猫のダイエット管理にも役立てられるのも大きな魅力。「Catlog Board」は幼猫期から老猫になるまで、ずっと愛猫の健康管理をサポートしてくれます。

「Catlog」と一緒に使えばさらなるメリットが

「Catlog Board」は「Catlog」と一緒に使うと、さらに愛猫の健康を守りやすくなります。例えば、猫がかかりやすい腎臓病は早期発見がなかなか難しいもの。しかし、普段の行動と排泄情報の両方に変化が現れていないかチェックしていれば、早期治療できる可能性が高くなります。

腎臓病では、「多飲/多尿」が見られる場合がありますが、この行動は目に見えにくいため、飼い主様ご自身でこの症状を見つけるのは困難です。しかし、「Catlog」で飲水の増加、「Catlog Board」で尿量の増加を検知し、アプリ通知で飼い主様にお知らせすれば、早期発見・早期治療が可能になります。

また、多頭飼いの方は「Catlog Pendant」(首輪)と共に使用すると、個体識別の精度が向上するそう。

こちらもぜひ、検討してみてください。

少しでも多くの猫様と飼い主さんが、1秒でも長く幸せな時間を一緒に過ごせますように―。そんな思いから猫にも飼い主にも優しいグッズを生み出している株式会社RABOは、これからもユニークなサービスの開発を積極的に行っていこうと考えているよう。

世界中の猫様と飼い主が 1秒でも長く一緒にいられるように、猫様の生活をテクノロジーで見守る」というモットーを大切にする株式会社RABOから、今後も目が離せません。

<公式サイト>
Catlog:https://rabo.cat/catlog
Catlog Board:https://rabo.cat/catlog/board