天袋からにっこり!夏の暑さに涼みと癒しを与えるプチホラーなキュートにゃんこ

掲載日時 : 2017/08/25(金) 21:00

このエントリーをはてなブックマークに追加

インパクトのあるポーズで私たちを笑顔にしてくれる猫は、多くいます。
しかし、こちらの猫ちゃんはユニークで怖かわいい表情を披露!
twitter上では、天袋から覗く好奇心旺盛なお顔に惹かれてしまう方が後を絶ちません!

こちらをじっと見つめながらにっこりと笑う表情に、目と心がくぎづけになってしまいますね。

そんな衝撃的な光景を披露してくれたのは、現在4歳テトくん。

グレーの被毛とイエローのまんまるおめめが、とても愛くるしい男の子です。

飼い主である川井いねこさんによれば、テトくんは普段からにっこりほほ笑んだようなお顔をしているそうで、機嫌のいい時はニコニコしているのだとか。
現に、twitter上では、このような愛くるしいテトくんのにこにこ顔もチェックできます!

専用のハウスをGETできたテトくんは、とても嬉しそうに見えますね。

そして、ちょっぴり不敵な笑みを浮かべられるのも、テトくんのチャームポイント。

まるでいたずらを考えているかのような微笑を見ていると、こちらも笑顔になれますね!

また、テトくんはごはんのときにもコミカルさを発揮しかわいいおねだりの仕方で川井いねこさんをキュンキュンさせているとのことでした。

そんなテトくんですが、実は普段、あまり天袋にはいないそう。
お気に入りの場所は意外にも天袋ではく、キャットタワーのてっぺんキッチンのカウンターの上

天袋に登るのも、手前のキャットポールを活躍させたのだそうです。
もしかしたら、プチホラーな姿を見せたのは「飼い主さんを驚かせたい!」という好奇心が働いたからなのかもしれませんね(笑)

おしゃれな多頭飼い生活でのびのびと!

川井いねこさん宅では、テトくんの他に、ジーナちゃん(4歳)とムクくん(3歳)も仲良く暮らしています。

仲のいいスリーショットを見ていると、心がほっこりさせられますね!

そもそも、川井いねこさんがテトくんと出会ったきっかけは、完全なるナンパだったそう(笑)
鳴きながらすり寄ってきたテトくんを見た川井いねこさんは、キャリーやカバンを持っていなかったので「もし途中で逃げられたらそこでお別れだ」と思い、抱っこをして帰宅されたのだとか。
そして、ジーナちゃんは譲渡会で、ムクくんは保健所から迎えられ、大切な家族の一員になったのです。

そんな3匹は、性格もさまざま。
紅一点のジーナちゃんは、孤独を愛する女の子なので、オス猫たちとは積極的に絡むことはないそう。

しかし、人間のことは大好きなようで、川井いねこさんには自分から甘えるタイプで、撫でられるとこんな風に幸せそうなお顔を見せてくれることも。

ギュッと瞑ったおめめからは、川井いねこさんへの「大好き」が溢れているような気がします。

対するムクくんは、猫相手にも甘えん坊のようで、おうちに来てすぐの頃からテトくんに溺愛されていたそう。

そのため、今でもこうして2匹で一緒に寝ていることも多いようです。

さらに、今ではまったりと眠るテトくんを、こっそりと観察していることも。

その眼差しは、まるで大切なお兄ちゃんを見守っているようにも感じられますね!

このような多頭飼い生活が平和に保たれているのは、川井いねこさんの努力もきちんとあるからです。
川井いねこさんによれば、3匹の猫たちは全員構ってちゃんタイプなため、「アイツばっかり構ってもらってずるい!」と拗ねることのないよう、平等に接することを心がけておられるそう。

また、写真から垣間見れるおしゃれなインテリアにも猫への気配りが溢れています。
川井いねこさん宅は賃貸なこともあり、畳やフローリングが爪で傷つかないよう、床全面にクッションフロアを敷いておられるのだとか。
こうした配慮は、ジャンプ時に猫たちへ与える衝撃を和らげる効果もあります。

そして、シンプルなインテリアに憧れているため、猫用品もできるだけシンプルなものを選んだり、売ってなければ自分で作ったりもしておられるそう。
実際に、ケージにはしごをかけることで猫が昇り降りしやすい環境も作っていらっしゃいました。

温もり溢れる木のハシゴは、猫ちゃんたちが年を取ってからも思いっきり活躍してくれそうですね!

また、川井いねこさんが手作りされている首輪は、市販のものにはない、おしゃれなデザイン性がきらりと光っています。

カラフルな刺繍が施された首輪は、猫ちゃんたちのかわいさをより盛り立ててくれることでしょうね!

川井いねこさんの日々のツイートからは、思い思いのペースでまったりと生活している猫たちの姿がたくさん収められています。

また、かわいい猫ちゃんたちのかわいい様子は、川井いねこさんのブログ「今日も猫と」からも見ることができますので、ぜひこれを機に、猫の目線にも立ちながら考えられたセンス溢れるインテリアにも注目しつつ、幸せそうな多頭飼いライフをチェックしてみてくださいね!